確かに歯科領域は多様化されていますが

むし歯の時代は終わり、高齢化社会における歯科医の必要性と需要

日本私立歯科大学協会は、これからの歯科の役割や魅力を伝える講演会を10月29日に開催した。セミナーでは、現代社会における口腔ケアの重要性について歯科大学の2名の教授が解説。さらに、歯科大学のカリキュラムや卒業後の就職についてなど、最新の動向を聞いた。
日本私立歯科大学協会は、全国17校の私立歯科大学・歯学部が加盟する社団法人。日本の歯科医学教育は、明治以来私立学校から始まった経緯を踏まえ、歯科医学教育および歯科医療について情報発信を行っている。今回の「歯科プレスセミナー」は、2010年10月に開始した情報発信企画のひとつで、今年で4回目を迎える。

◆誤嚥性肺炎と口腔ケアによる予防
セミナー最初のセッションは、福岡歯科大学の内藤徹教授による誤嚥性肺炎と口腔ケアに関する講演。内藤教授は、近年歯科を受診する高齢者が増えており、歯科医師に必要なスキルや現場体制などが変化してきていると説明。
内藤教授が注目しているのは、高齢者の誤嚥性肺炎だ。年齢とともに咳反射や嚥下機能が低下し、異物や細菌が肺に入り込みやすくなるため、肺炎が死因になる可能性が高くなる。しかし、歯や入れ歯の清掃によって、口腔内を清潔に保っていれば肺炎の発症を抑えることができるという。現在は、世界中の医師が注目し、多くの要介護施設や病院で高齢者への口腔ケアが取り入れられているようだ。
歯科医の知識とスキルが高齢者の誤嚥性肺炎の防止につながっており、要介護高齢者の健康管理に影響を与えている。むし歯治療という一般的なイメージが残る歯科医の活躍の場が多様化している一例だろう。

◆災害関連疾病対策にも口腔ケアが有効
続いて日本歯科大学の田中彰教授による急性期病院や災害被災地における口腔ケアの取り組みについてのセミナーが行われた。田中教授は、口腔ケアは老人介護施設だけでなく急性期病院や大規模災害の避難施設でも同様に重要であり、術後の合併症の減少や災害関連疾病を減らす効果があると説明する。
田中教授は、新潟病院の地域歯科医療支援室長でもあり、中越地震や東日本大震災でも避難所での歯科治療などを行っている。その経験と調査研究から、被災地では非難が長期化すると災害関連疾病が問題となり、特に高齢者などはストレスや環境因子によって肺炎などの疾病から死に至ることも少なくないと話す。
阪神・淡路大震災のときは、避難所での歯科治療や入れ歯のメンテナンスなどの対応が多かったが、中越地震以降は、主に高齢者支援という側面から口腔ケアが肺炎や感染症予防、さらには生活の質(QOL)の向上につながるとして重要視されてきたという。
長期的に必要な災害支援や福祉の観点でも、歯科医の活動の場が広がっていることがわかる。田中氏は「口腔を臓器として扱う」という言葉で口腔ケアの重要性を語ったが、同時に歯科医の必要性も物語っている。

◆変わる歯科医の役割と歯科大のカリキュラム
以上2つのセミナーから、現在の歯科医療現場は、日常の歯のケアから急性期医療、周術期医療、高齢者医療まで関わるほど幅広く、医科や看護、介護などの領域との連携も不可欠となっている。そのため、大学のカリキュラムや国家試験も高齢者医療や災害医療などを重視するように変わってきているという。
日本私立歯科大学協会専務理事で、鶴見大学歯学部長を務める小林馨教授によると、戦後から高度成長期にかけては、「虫歯の洪水」と呼ばれるほど子どものむし歯が社会問題となっていた。その後、国民の意識向上、学校歯科医制度に加え、キシリトールやフッ化物など技術的革新が子どものむし歯が激減。
その一方で、高齢化や食生活の変化からくる顎関節症、口腔がん、ストレスなどを要因とした口腔乾燥(唾液が減ると菌が増殖しやすい)など、歯科医に求められる役割やスキルも変化してきている。
一時は、医者や歯科医が多すぎるという論調もあったが、現在は高齢者医療における歯科医の重要性と多様化から、歯科医・歯科医療従事者の不足が懸念されているという。米国の歯科受診率は日本の倍以上あるともいわれており、人口あたりの歯科医師の数もOECD平均と同程度なのが現状だ。

◆歯科大・歯科部卒業生のキャリアも多様化
歯科医の過剰という論調が歯科大・歯科部志願者の減少につながった時期もあったが、2014年度は5年ぶりに志願者数が8,000人台まで回復した。この点について小林教授は、歯科医が多すぎるという意見は過去のものであり、多くの医療分野で歯の機能や口腔ケアの重要性が確認されていると話す。
年度ごとに合格者数が決められているため、近年合格率が低下している歯科医師国家試験についても、通常は複数回の受験で90%以上が合格しているという。初回で合格しない場合でも、大学教員は歯科医師免許取得まで受験者のサポートを続けることが多く、勉強を続けることができる学生は合格すると小林氏は語る。
免許取得後のキャリアも臨床医だけではなく、歯科技術や研究分野の進歩も早く、感染症の制御や災害医療など研究分野は広がっている。大学院に進みより細分化した専門分野を究める道や、治療に関わる器具の研究・開発に携わる道、企業の研究職に就く道など、臨床医以外の選択肢も多い。
特に女性の活躍が目立つ職種でもあると小林氏は話す。
出産などによって一度休職をした場合や、子育ての都合上仕事の時間が限られる場合でも、診療日や時間を限定することで子育てに必要な時間を確保することができる。また、歯科大・歯科部教員の女性の割合も上昇しているようで、大学によっては約半数に上るのではないかと小林氏は語る。
歯科医が活躍する領域の広がりと高齢化社会が歯科医療の需要を伸ばすだろう。近代医療において歯科医学は単なる歯の治療に留まらないことは、仕事・キャリアとして取り組む上でも魅力的ではないだろうか。

【ReseMam】



歯科医療の領域が多様化していることは紹介されている通りです。
ただ問題ののは、それを取組みが歯科医師としての生業にはなってない点です。この部分の解決策なしで、いくらPRしても抜本的な解決策にはなりません。
by kura0412 | 2014-12-01 11:00 | 歯科 | Comments(0)