予算編成の最中ではあっても

総決起大会、来年1月15日に開催延期- 衆院選対応で国民医療推進協

日本医師会(日医)など医療・介護関連40団体で構成する国民医療推進協議会(会長=横倉義武・日医会長)は、「国民医療を守るための総決起大会」の開催を来年1月15日に延期する。年内に予定されている衆院選に対応するため、先延ばしにする。

同協議会は当初、大会の開催を12月4日に予定していた。開催場所は東京都内の憲政記念館。10月末の同協議会総会では、政府に要請するための決議を採択した。具体的には、▽現場の意見に即した国民に必要、かつ十分な医療・介護を提供するための適切な財源の確保▽国民と医療機関などに不合理、かつ不透明な負担を生じさせている医療にかかわる消費税問題の抜本的な解決―の2つが柱となっている。
同協議会は12月下旬まで、都道府県医療推進協議会に対して、地域集会の開催などを依頼するほか、地方議員や議会への働き掛けも強化する。その上で、全国各地から集まった決議文を政府に提出する。

【キャリアブレイン】



12月4日でなくて今週だったならばグットタイミングだったのですが。
確かに延期しても予算編成真っ最中ではありますが、正直、総選挙後となると気の抜けたビールの感じもします。
ところで、消費税増税延期となり、改定年度でない歯科における重点要望は何なのでしょうか。
by kura0412 | 2014-11-26 16:40 | 政治 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30