歯科と医科とは多少ニアンスが異なるかもしれません(消費税増税延期)

消費税引き上げ延期、理解示さざるを得ない- 日医・横倉会長

日本医師会の横倉義武会長は19日の定例記者会見で、政府が消費税を10%に引き上げる時期を1年半延期したことについて、現在の経済状況から「理解を示さざるを得ない」と述べた。

18日に政府が消費税引き上げの時期を延期したことについて、横倉氏は「社会保障財源確保の観点からは残念なこと」と述べた上で、デフレ脱却による経済成長によって得られた税収は、社会保障の充実に充ててもらうよう引き続き求めていくとした。
また、控除対象外消費税については、税制上の解決策として、軽減税率などによる課税取引に転換することなどにより、医療機関などの消費税負担をめぐる問題の根本的解決を図ることも求めていくと述べた。
質疑応答では、記者から安倍晋三首相による消費税引き上げ延期の判断について理解を示しているのかと問われると、2四半期連続のマイナス成長という結果を見ると、「総理が言うように、消費税を上げることによって、税収を減らすような経済状況に陥りかねないことについては、理解を示さざるを得ない」と述べた。

【キャリアブレイン】



歯科の場合、消費動向の影響を真面に受けるので、この経済状況の中での増税延期はマイナスを防ぐことにはなります。
但し、社会保障全体と考えるとどうなのでしょうか。
by kura0412 | 2014-11-20 08:46 | 医療政策全般 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30