「消費税率を引き上げて社会保障の充実を」

11月13日に開催された「今後の経済財政どうこう等いついての点検会合」で日医は次のような意見を発表しました。
「消費税率を引き上げて、増収分を医療・介護の財源として使うことは、全ての医療関係者に共通した願いである。」(10月29日・国民医療推進協議会総会決議から)
「医療における喫緊の課題:1・認知症対策 2・新興感染症対策」
「消費税率を引き上げて社会保障の充実を」「地域包括ケアシステムを構築できるよう、消費税を引き上げて社会保障の財源とすべきである。」


日歯など歯科関係団体もこの考えて今後対応が進むことになります。
ここからも、地域包括ケアにどれだけ組み込むことが出来るかが大きなポイントとして分かります。
by kura0412 | 2014-11-17 14:26 | 医療政策全般 | Comments(0)