CAD/CAMが一般紙に

虫歯治療にコンピューター かぶせ物製作時間を短縮

文部科学省の平成25年度(2013年度)学校保健統計調査によれば、小学校児童で虫歯のある者(処置済みを含む)は1983年度には実に92.61%に及んでいたが、2013年度には54.14%にまで減少したという。
しかし1983年時点の小学生以上、すなわち現在30歳代以上の大人はまだ虫歯の多い世代であり、歯周病の危機が増す年代に到達しつつある。まだまだ治療の必要は多く、技術の向上が望まれている。
その1つとして期待されているのが、虫歯の治療に使う冠(クラウン)などの補綴物(ほてつぶつ)をコンピューターシステムで製作する技術。精度の向上と製作時間の短縮を図ることができる。このアイデアは1980年代からあったにもかかわらず、日本国内ではほとんど普及していなかった。
ところが2014年4月の「平成26年度診療報酬改定」によって、突然、保険診療の対象になり、コンピューターを用いた治療が可能な歯科医院が増えつつある。

■特需に沸くCAD/CAMベンダー
コンピューターシステムの仕組みと技術は、製造業で機械部品の加工に用いるCAD/CAMシステム(コンピューターによる設計・製造)と同じだ。まず、削った歯の3D(3次元)形状にぴったりはまるよう、冠の形をコンピューターで設計する。できた3Dの設計データを基に切削加工機を動かす。CAD/CAMを歯科に応用したことから、システムは「デンタルCAD/CAM」と呼ばれる。
平成26年診療報酬改定で保険診療の対象になったのは、小臼歯(第1、第2小臼歯)にかぶせる冠で、白いハイブリッドレジン(樹脂とセラミックスの混合物)製のもの。審美性の高い白い材料の保険適用は、これまで前歯(切歯と犬歯)用に限られていた(レジン)ところを、2014年から適用が拡大したことになる。
ただし、小臼歯の治療に白い材料を用いて保険適用になるのは、ハイブリッドレジンをCAD/CAM装置で削った冠(CAD/CAM冠)に限られる。つまり、CAD/CAMを使わないでハイブリッドレジンで歯の形を造っても、それは保険適用の対象ではない。
小臼歯は切歯や犬歯ほどではないにしても、外から見えやすい。従って保険が利くのであれば、金属材料(いわゆる銀歯)よりも白い材料での治療を希望する患者は多いと考えられる。
このため、歯科用に適合するCAD/CAMシステムを販売するベンダーは特需に沸いており、例えばデータ・デザイン(名古屋市)は「2014年1~3月の段階で、2013年の1年間よりも多い台数を売った」という(図1)。

■3Dプリンターの利用も進む
CAD/CAM冠を作成する施設は、一定の基準を満たす必要があり、それを地方厚生局長などに届け出ることで保険適用の対象になる。その施設基準として厚生労働省が定めているのが、(1)歯科治療に関わる専門の知識と3年以上の経験を持つ歯科医師が1名以上配置されていること、(2)歯科技工士が配置されているか、歯科技工所と連携していること、(3)CAD/CAM装置が設置されているか、CAD/CAM装置を持つ歯科技工所と連携していること――である。
通常の歯科医院であれば、(1)と(2)は該当する。要するに、CAD/CAM装置を利用可能かどうかがポイントになる。
ここでいうCAD/CAM装置は、コンピューター本体と切削装置だけではなく、3Dスキャナーを含む。冠が一定以上の厚さになるように歯を削ったあと(支台歯形成)、その形状を3Dデータとしてコンピューターに取り込むのに、3Dスキャナーが必要になる。
3Dスキャナーの使い方は、2つの方法が考えられる。1つは、患者の口の中を直接計測する方法。もう1つは、固まるとゼリー状になる印象材(アルジネート)で支台歯の型(印象)を取り、石膏で支台歯の形状を複製してから3Dスキャナーに読み込ませる方法だ。
平成26年診療報酬改定でのCAD/CAM冠は、後者の「間接法」を用いて製作するもの、と定めている。このため3Dスキャナーは、きょう体内部に歯型を格納するだけの空間があり、そこで3D形状を測定タイプのものを用いる。
同タイプの3Dスキャナーは、3Dプリンターを用いた冠の作成にも使われる。形状を設計するまではCAD/CAM冠と同じだが、その後工作機械用のデータ(工具の動きを表す)ではなく、3D形状をそのまま光硬化樹脂を用いるなどの方式の3Dプリンターに送る。複数の冠を一度に成形できる(図2、図3)。
CAD/CAM冠と異なり、3Dプリンターで作成した樹脂製の冠は、現在のところ、強度や安全性の点で直接口の中に入れるように造ることはできない。そこで、現在の通常の方法と同じくロストワックス法により、樹脂製の冠を元に同形状の金属の鋳造物を得る。
結果として手作業で作成した金属冠と同じ材質であり、審美性はレジンやハイブリッドレジンに劣るが、精度の向上と製作時間の短縮が期待できる。

【日経新聞】



CAD/CAMも日経新聞が解説するとこうなります。
by kura0412 | 2014-11-04 15:04 | 歯科 | Comments(0)