時代の潮流のスタイルか

フェイスブック、健康管理のコミュニティーやアプリ提供を検討 

10月3日、フェイスブックは、オンラインコミュニティーの立ち上げなどを通じた、健康管理サービスの分野への参入を検討。

米交流サイト(SNS)大手のフェイスブック(FB.O: 株価, 企業情報, レポート)は、オンライン上コミュニティーの立ち上げやアプリケーションの提供を通じ、健康管理サービスの分野に参入することを検討している。関係筋が明らかにした。
フェイスブックが検討しているのは、さまざまな病気に悩むユーザーをオンライン上でつなぐ「支援コミュニティー」の立ち上げと、生活習慣改善を促すアプリの提供。
関係筋によると、この数カ月で医療業界の専門家や起業家との会合を開いており、健康管理アプリの研究開発部門も立ち上げている。まだアイデアを集めている段階だという。
アプリ提供などを通じた健康管理サービスの分野には既に、米アップル(AAPL.O: 株価, 企業情報, レポート)やグーグル(GOOGL.O: 株価, 企業情報, レポート)も参入している。

【ロイターHP】



このスタイルが時代の潮流でしょうか。
by kura0412 | 2014-10-03 17:00 | 医療全般 | Comments(0)