副大臣、政務官は厚労畑の人選が

新厚労副大臣は自民・永岡氏と公明・山本氏- 政務官は橋本氏と高階氏

政府は4日の臨時閣議で、副大臣と政務官の人事を決めた。
厚生労働副大臣には、自民党の永岡桂子・元農林水産大臣政務官と、公明党の山本香苗・元経済産業大臣政務官を起用。厚労政務官には、いずれも自民党の橋本岳衆院議員と、参院議員の高階恵美子・元日本看護協会常任理事が就任した。

永岡氏は2005年の衆院選で初当選し、現在3期目。自民党の厚生労働部会長代理や、「母子寡婦福祉対策議員連盟」の会長などを歴任した。一方、山本氏は元外務官僚で、01年の参院選で初当選し、現在3期目。
橋本氏は05年の衆院選で初当選し、現在2期目。自民党の厚生関係団体委員会副委員長や、「医薬品のネット販売に関する議員連盟」の事務局長などを務めた。看護師や保健師の資格を持つ高階氏は、10年の参院選で当選し、現在1期目。

【キャリアブレイン】



今回の人事では、自民党は副大臣は衆議院3回、政務官は2回当選の議員、また厚労省は、副大臣、政務官には厚労関係に明るい議員が選ばれた感じです。
by kura0412 | 2014-09-05 18:11 | 政治 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30