口腔・咽頭がんは白血病より罹患率は上位

がん患者、新たに88万人増加 14年予測

国立がん研究センターは10日、2014年に新たにがんと診断される人が88万2200人で、死亡するがん患者は36万7100人との予測を公表した。高齢化を背景に、患者数は10年に比べて約7万7千人増え、死亡者数は12年より約6千人増加する見通し。

同センターが過去の統計の傾向を基に初めて当年の予測値をまとめた。これまでの最新の統計は患者数が10年、死亡者数は12年だった。同センターは「今後は最新のデータをがん対策を考える際の参考にしてほしい」としている。来年からは毎年春に公表する。
同センターによると、予測患者数の首位は胃がんの13万700人。肺がんが12万9500人で2位となり、3位が大腸がん(12万8500人)だった。10年の統計では2位が大腸がん、3位が肺がんだった。
予測死亡者数の首位は肺がんで7万6500人。患者数の増加も含め、がん発症の危険を高める喫煙者が多い世代の高齢化が、背景にあるとみられる。
死亡者数2位の胃がん(5万300人)はここ数年横ばい傾向のため今後、3位の大腸がん(4万9500人)との差が縮まると予想される。治療が難しい膵臓(すいぞう)がんは3万1900人で4位となり、12年の統計では4位で今回5位となった肝臓がん(2万9700人)を抜いた。発症との関連が指摘される糖尿病患者の増加が要因という。

【日経新聞】



このがんセンターの発表によれば、口腔・咽頭がんは罹患率では白血病や今ワクチンが話題となる子宮がんよりも上位に位置します。なのに何故国民の目が向かないのでしょうか。
by kura0412 | 2014-07-11 11:35 | 歯科 | Comments(0)