医科の話ですが

指導医療官、9日まで募集- DPC1群80病院に対し採用枠は最大30

厚生労働省は、大学病院本院に勤務中の医師を対象に、診療報酬に関する医療機関からの問い合わせに対応したり、医療機関の指導や監査を行ったりする「指導医療官」を募集している。応募の受付期限は9日まで。

今回の指導医療官の採用枠は最大30人。各地にある地方厚生局の都道府県事務所など30か所が、1人ずつ募集している。
2014年度診療報酬改定では、DPC対象病院の「機能評価係数2」の評価指標が見直された。この中で、全国に80ある大学病院本院の「1群病院」を対象に、指導医療官を一定期間出向させた病院への加算が創設された。
ルールでは原則、前年度の10月1日時点で半年以上、病院から出向した医師が指導医療官として勤務している実績などを求めている。ただ、来年度に予定されている各病院の機能評価係数2の改定では、今回の募集に採用された医師がいれば加算対象とする特例措置が講じられる。
応募できるのは、現在1群病院に勤務していて、原則として5年以上の臨床経験を持つ医師。採用された場合には、今年8-10月にも勤務がスタートする。出向を終える時期は16年3月末以降かつ、採用日から3年を超えない範囲で決める。

【キャリアブレイン】



この医師不足に30人もの医師が現場を離れるというのはどうなのでしょうか。まあ、医科の話です。
by kura0412 | 2014-05-02 16:28 | 医療政策全般 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30