医療制度を含め日本の医療を世界に発信7

安倍首相「長寿社会モデルを世界に発信」- 世界医師会東京理事会

安倍晋三首相は26日、東京都内で開催された世界医師会東京理事会であいさつし、急速な少子高齢化が進む中で、医療や介護が必要な状態になっても住み慣れた地域で最後まで働き続けることができる環境を整備するのが課題だとした上で、「誰もが安心して老後を迎えることができる長寿社会モデルを日本から世界に発信していく」と強調した。

また、安倍首相は、自身が潰瘍性大腸炎で過去に首相を辞職したことを引き合いに出しながら、「今日、健康に職務を遂行できるのも、近年の先端医療の恩恵によるもの。医療技術の進歩が、患者の生活の質を高めるだけでなく、新たな雇用を生み出し、経済成長の原動力となる。医療技術や医薬品・医療機器の供給だけでなく、日本が誇る国民皆保険制度など制度全般の整備を含めてパッケージで輸出していきたいと考えている」と述べた。
世界医師会には、世界106の各国医師会が加盟。今回の東京理事会は、24日から3日間開かれていた。最終日の26日、安倍首相は各国の医師会関係者に対し、歓迎の意を表すために会場を訪れた。

【キャリアブレイン】



医療制度を含めて世界に日本の医療を経済成長に結びつけるという考えのようです。
となると、今回の改定での政府の動きを十分に吟味して今後の対応を考えなければなりません。
by kura0412 | 2014-04-28 15:46 | 政治 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30