『虫歯が65歳以上の男性における院外心停止に関連か』

虫歯が65歳以上の男性における院外心停止に関連か

う蝕は、特に65歳以上の男性における院外心停止に関連する可能性が示された。
集団を対象とした生態学的研究(ecological study)の成果で、福岡大心臓血管内科の末松保憲氏が、3月21~23日に東京で開催された日本循環器学会(JCR2014)のセッション「Late Breaking Cohort Studies」で発表した。

末松氏らは、都道府県単位の集団で、う蝕と院外心停止の関連を検討した。
院外心停止罹患率は、ウツタインレジストに2005~2011年に登録された78万5591件を用いて解析した。同レジストリの55.4%は心原性、44.6%非心原性の心停止が登録されている。一方、都道府県別のう蝕有病率は、厚生労働省の患者調査によるう蝕の治療件数を用いて解析した。
その結果、全心停止とう蝕、心原性心停止とう蝕において、それぞれの増加件数は正の相関を示した。
一方、非心原性心停止では有意な相関は認められなかった。ただし、心停止罹患率、う蝕有病率を年齢調整すると、全心停止、心原性心停止とう蝕の有意な相関は認められなくなった。ただし、年代・男女別に解析すると、65歳以上の男性で、全心停止(r=0.47、P<0.001)、心原性心停止(r=0.37、P=0.01)の罹患率と、う蝕有病率に有意な正の相関を認めた。
「口腔衛生は全年齢において院外心停止に関連するが、特に65歳以上の男性で強く関連する可能性が示された」と末松氏は語った。ただし、今回の解析はあくまで集団レベルでの解析であり、今後、個人レベルで検証する必要があるとした。

【日経メディカル】



歯周病と心臓疾患との関連はいわれていますが、これは歯科領域としては注目すべき報告です。
by kura0412 | 2014-03-26 14:10 | 歯科 | Comments(0)