『患者同意で混合診療に…新制度創設 提言へ 』

患者同意で混合診療に…新制度創設 提言へ

政府の規制改革会議(議長=岡素之・住友商事相談役)は21日、保険外診療と保険診療を併用する「混合診療」について、患者と医師が合意した治療法であれば対象にできる新制度の創設を提言する方針を明らかにした。
混合診療の拡充で患者の治療の選択肢を増やす狙いがある。同会議は治療法の安全性の情報を患者に伝える仕組みなどを議論し、3月に提言する。

国は混合診療を原則禁止しており、患者が保険適用外の治療を受けると、診察や入院の費用も保険がきかず全額自己負担になる。
新制度では、保険適用外の抗がん剤や手術ロボットなどの治療について、医師と患者が合意すれば速やかに混合診療として認めるようにする。
患者個々の病状に応じて国の関連機関に申請する仕組みが想定され、治療法の安全性や有効性をチェックする仕組みも別に検討する。
新制度に対し、厚生労働省は「患者を守るという視点を踏まえて対応する」としている。

【読売新聞】



歯科独自の対応も検討課題になるような雰囲気感じるのですが。
by kura0412 | 2014-01-23 09:26 | 医療政策全般 | Comments(0)