サプリメント先進国の米国で

マルチビタミンに利益なし、一部は有害か米国で年間市場118億ドルだが有効なエビデンスなし、系統的レビューから

先進国では、慢性疾患の予防を目的としてビタミンやミネラルのサプリメントを使用する人が非常に多い。しかし、新たな系統的レビューの結果、サプリメント全般に心血管疾患予防、癌予防、死亡リスクを低減する効果がないこと、βカロテンは喫煙者などの肺癌リスクを高める可能性が示された。米Kaiser Permanente Center for Health ResearchのStephen P. Fortmann氏らが、Annals of Internal Medicine誌2013年12月17日号に報告した。

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/etc/201401/534445.html

【日経メディカル】



サプリメントに対しては規制改革会議でもテーマになっています。
詳しい内容までは私の知識では正確に把握できませんが、サプリメント先進国の米国での発表だけに今後の動向が気になります。
by kura0412 | 2014-01-08 16:08 | 医療政策全般 | Comments(0)