甘利大臣が舌ガン

甘利TPP担当相 早期の舌がんと判明 来週にも手術

体調不良のため検査入院していた甘利明・環太平洋連携協定(TPP)担当相が5日夜、内閣府で緊急記者会見を行い、検査の結果、早期の舌がんと判明したと明らかにした。
治療のため、7~10日にシンガポールで開かれるTPPの閣僚会合には欠席。西村康稔内閣府副大臣が代理で出席すると説明した。

甘利氏によると、数週間前に舌に小さな腫瘍が見つかり、舌がんの可能性があったため精密検査を受けたところ、早期の舌がんと診断された。11月29日に官邸を訪れ、安倍晋三首相に閣僚辞任を申し出たが、引き続き責務を果たしてほしいと慰留されたという。その上で、「熟慮した結果、私がなすべきことは一刻も早く病を克服し責務を果たしていくことだと考えた。閣僚の責務を引き続き果たしていく」との考えを表明した。体調が回復し次第、TPP担当相の職務に復帰し、経済再生担当相なども継続する。
病状に関しては、2週間の入院加療とその後1、2週間の自宅療養で復帰できるとの診断を受けたと説明。来週にも手術を受ける。

甘利氏は今月1日、都内のホテルで米通商代表部(USTR)のフロマン代表と会談し、TPP交渉で難航する関税分野をめぐり協議。日本が「聖域」に掲げるコメや砂糖など農産品の重要5項目で「安倍首相の判断としてこれ以上は1センチも譲れない」と伝えたが、米側は納得せず、決着は持ち越しとなっていた。翌2日から体調不良のため、病院に入院していた。
TPP閣僚会合では年内妥結に向けて厳しい折衝が見込まれるが、自身の欠席に関しては「(西村氏は)私と同等の情報を共有している。遜色なくしっかりと交渉を行ってもらえると思う」と述べ、影響は小さいとの見方を強調した。

▽舌(ぜつ)がん 口腔(こうくう)がんの一つで、舌前方と舌下面の範囲で発生する腫瘍。舌にしこりができ、表面がケバケバしてきのこ状に盛り上がるなどの症状が現れる。進行が早く、舌全体にがん細胞が浸潤し、リンパ節に転移しやすい。腫瘍の大きさや転移の有無などにより放射線治療や切除手術を施す。男性に多く、喫煙者や飲酒量の多い人、口内の衛生状態が悪い人などにリスクが高いとされる。

【スポーツニッポン】



古くは池田勇人首相の命を奪い、そしてTPP交渉ヤマ場で甘利大臣が舌ガンです。
by kura0412 | 2013-12-06 09:09 | 政治 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30