推進会議に日医代表者加わるか

社会保障改革本部を設置=プログラム法案を閣議決定

政府は15日の閣議で、社会保障制度改革の手順を定めたプログラム法案を決定した。首相を本部長とし、関係閣僚が改革の実施状況を検証する「社会保障制度改革推進本部」や、有識者による「社会保障制度改革推進会議」を内閣に設置することなどを定めた。臨時国会での成立を目指す。
推進本部は首相のほか、官房長官、総務相、財務相、厚生労働相らで構成。関連施策の進捗(しんちょく)状況を把握し、政府全体の改革に向けた取り組みを調整する。推進会議は、20人以内の有識者で安定した制度運営の課題などを検討し、首相に提言する。 

【時事通信】



臨時国会での論戦の中心はこのプログラム法案と消費税増税に伴う経済政策です。推進会議に日医の代表が加わるか否かは注視しなければなりません。
by kura0412 | 2013-10-15 12:30 | 政治 | Comments(0)