副大臣政務官は大幅入れ替え

<副大臣政務官人事>復興やTPPのぞき 大幅入れ替え  

政府は30日午後の臨時閣議で、副大臣と政務官人事を決定する。東日本大震災からの復興や環太平洋パートナーシップ協定(TPP)を担当する一部の副大臣、政務官は留任するが、それ以外が大幅に入れ替わる。
副大臣では、外務に自民党の岸信夫外交部会長と三ツ矢憲生政調副会長、財務に古川禎久国会対策副委員長、愛知治郎参院議員を充てる。政務官では、内閣府・復興に小泉進次郎青年局長を起用する。
政府は、副大臣・政務官人事では、(1)原則、未経験者を処遇(2)透明性を担保(3)本人希望を考慮--するなどのルールを決定。この結果、自薦による希望、派閥のバランス、衆参枠に目配りした構成となった。

【毎日新聞】



自民党は与党になって議員の数も倍に膨れただけに、経験を積むという点でもこの人事は必要だったようです。
by kura0412 | 2013-09-30 16:33 | 政治 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30