首相官邸HPにも取り上げられ

日本歯科医師会創立110周年を祝う会

平成25年9月12日、安倍総理は都内で行われた「日本歯科医師会創立110周年を祝う会」に出席しました。
安倍総理はあいさつの中で、次のように述べました。
「本日は、日本歯科医師会創立110周年、おめでとうございます。8020運動の展開をしっかりと行いながら、健康寿命を延ばしていく上において、歯科医療が果たしていただいている役割は極めて大きいと実感している次第であります。」

【首相官邸HP】


首相「誰でも医療受けられる制度を断固維持」 歯科医師会で

安倍晋三首相は12日、日本歯科医師会が都内で開いた会合であいさつし「誰でも高度な医療を受けることができる制度を断固として維持していかなければならない」と語った。
環太平洋経済連携協定(TPP)交渉に関連して医療関連団体などから国民皆保険制度の維持に影響が出かねないと懸念が出ていることを受け、懸念を打ち消した形だ。

【日経新聞】


安倍首相:ロシアの歯医者は高かった

安倍晋三首相は12日、東京都内のホテルで開かれた日本歯科医師会のパーティーであいさつし、4月のロシア訪問時、歯の痛みを訴え医療機関で治療を受けていたことを明らかにした。
首相は「(治療で)よくなったが、あとで請求書を見て『やっぱり日本の皆保険は素晴らしい』と確認した」と語り、会場の笑いを誘った。

【毎日新聞】




首相が自ら日歯のこの種の会合に出席するのも稀ですが、こうやってオープンに取り上げられるのはあまり記憶がありません。
歯科医師の国会議員が与党自民党6名、与野党総勢8名、そして参議院選挙の結果が映し出されているのかもしれません。期待して良いものなのか否かは結果を見るまで分かりません。
by kura0412 | 2013-09-13 10:15 | 政治 | Comments(0)