「ヘルスノミクス」

理想の眠りを夢見て 夜に失う「3.5兆円」 ・ヘルスノミクス(1)  

愛知県豊橋市内の住宅地にある2階建ての病院。患者であふれる待合室には、けがをした人も熱を出した人もいない。共通しているのは眠そうな表情。豊橋メイツ睡眠障害治療クリニックには「眠り」に悩む患者が毎月2千人訪れる。
小学校の校長を務める小出志郎さん(55)は医師から「毎晩6千メートル級の山にいるぐらい酸素が足りない」と告げられた。睡眠中に何度も呼吸が止まる睡眠時無呼吸症候群と診断された。

■仕事の質に影響
気道を広げて呼吸を安定させる装置をつけて眠るようになり、症状は改善した。「仕事や運転に支障が出かねないため、今後も治療を続ける」と語る。
日本大学医学部の内山真主任教授は、睡眠不足による作業効率の低下や交通事故が引き起こす経済損失額を年3.5兆円と試算する。国内総生産(GDP)の0.7%が睡眠不足で失われている計算になる。
企業も対応に追われる。
1日41万人が利用する東海道新幹線。開業以来、乗客の死亡事故ゼロを続けている秘訣の一つはJR東海による睡眠管理だ。これまでも乗務員に睡眠方法を指導してきたが、3年前には各自の睡眠データを蓄積したシステムを導入した。
パソコンをたたくと睡眠の質が採点され「日々の起床時刻の差を2時間以内にする」といった助言が表示される。運転士の杤本直也さん(28)は「不規則な勤務の影響を最小限に抑えることができる」と語る。

■枕、合ってますか
1兆円規模に達した健康寝具などの「快眠市場」には危うさもある。
整形外科医の山田朱織さん(48)は枕が体格に合っているかを診断する病院を神奈川県相模原市で開業した。市販の快眠用枕について「医学的に一定の硬さと高さが必要なのに、快適さばかりを追求している」と指摘する。
日大の内山教授によれば、人類は太古から夜は家畜の世話などの合間に仮眠し、日中は狩猟や農作業の合間に昼寝をしていた。それが「産業革命後の工場労働者の登場で、翌日の長時間勤務に備えて夜はまとめて睡眠をとる時間になった」。夜に眠り始めてからまだ200年で、完全な“習慣”になっていないという。

◇人類永遠のテーマである健康。特に世界最速で高齢化が進む日本では、一段と関心が高まる。経済にも大きな影響を与える健康問題を「ヘルスノミクス」と定義し、最新動向を追った。

【日経新聞】



ヘルスノミクスですか。
いわゆる規制緩和の波が訪れば、ビジネスとしての視点の医療を考えるのは避けて通れないのかもしれません。その一方、歯科界の好機として捉えることも間違えではないようです。いずれのせよ、この種に関しての歯科界からの発信は必須です。
by kura0412 | 2013-08-21 10:31 | 医療政策全般 | Comments(0)