『高齢者医療費 2割負担は問題か』

高齢者医療費 2割負担は問題か「治療長期化、生活も悪化」
 【真夏の対論】高齢者医療費(1) 石井みどり・厚労部会長代理

--2割負担は問題か
「出費を控えるため高齢者の受診抑制が起こるのではないかと危惧している。結果として重症化し治療が長期化し、75歳以降にかかる医療費がかえって増大するのではないか。どんな疾患もそうだが早期診断、早期治療で治すことが基本だ。負担を増やせば生活の質の悪化にもつながる」

--高齢者医療費をどこから捻出すればいいか
「世界に冠たる社会保障制度を持続させるため、財源に国民全てが負担する消費税を用いればいいと思う。消費税の良いところは世代間の不公平感がないというところだ。これで1割負担を維持できる。日本の未来の人口構成を考えたら、税率20%は行かざるを得ない」

--党内の意見は分かれている
「1割の国費負担分を無駄遣いと考える議員もいるがおかしい。みんな病気になりたくてなるわけじゃない。今年、全都道府県を訪れ、病院の実情を視察した。高齢者の外来患者が圧倒的に多く、『窓口負担が上がる前に治療しておきたい』と口をそろえていた。高齢者は医療費の負担増について、とても敏感だ」

 --ただ政府は2割負担にすべきだと考えている
「平成25年度は1割負担を死守できた。ただ、今月、2割負担を求めた社会保障制度改革国民会議の報告書が出た。反論したい。与党でもう一回議論しないとだめだ」

--高齢者への配慮は
「後期高齢者医療制度という言葉にも敏感に反応した。制度としては悪くないが、高齢者が『後期高齢者』というネーミングに嫌悪感を抱いたという点については反省したい」

--高齢者が第一か
「医療従事者は前期・後期という言葉を抵抗なく使ってきたが、高齢者を思いやる感性が鈍かった。医療・介護の施策では決して高齢者を置き去りにしてはいけない。置き去りは自民党らしくない」

--高所得者のケアは
「社会保障制度はみんなで支え合うことが前提だ。共助の最たるものだ。高額所得の人に対する負担はある程度増やしてもよいと思う。ただ、あまり狙い撃ちするのもいかがなものか。日本は資本主義・自由主義社会の国なのだから、ちゃんとバランスを考えて対応する必要がある」

■いしい・みどり 昭和24年、山口県生まれ。64歳。鶴見大歯学部卒。同大・広島大の臨床教授。日本歯科医師連盟顧問。参院2回。

【産経新聞】
by kura0412 | 2013-08-17 15:18 | 政治 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30