諮問会議も動いてきました

社会保障改革の工程表、年度内策定を提言-諮問会議の民間議員ら

政府の経済財政諮問会議は30日、来年度の予算編成をめぐる議論を開始し、伊藤元重・東大大学院教授ら民間議員は、社会保障の重点化・効率化を2016年度以降、本格化させるため、社会保障制度改革国民会議による議論を踏まえた改革の工程表を年度内につくるよう提言した。
諮問会議は次の会合で、来年度予算編成の指針となる全体像を取りまとめるほか、麻生太郎財務相が概算要求基準(シーリング)の考え方を提示する。

民間議員による提言は、来年度の予算を早期のデフレ脱却と財政健全化の第一歩と位置付け、これらに向けた具体的な取り組みを示すよう訴える内容。
来年度予算については、社会保障も聖域とせずに大胆な見直しを求めた。また、16-20年度を見据えた中期的な視点として、社会保障給付を含む歳出を名目経済成長率以下に抑制する必要性を指摘。その上で、国民会議による議論を具体化させるため、社会保障改革の今後の流れを早急に整理すべきだとしている。
具体的な社会保障改革のメニューとしては、▽重複・頻回受診の是正などによる医療費適正化▽医療・介護情報の全国レベルでのシステム化と活用の推進-を列挙。70-74歳の医療費自己負担については、新たに70歳になる人から順次2割に引き上げることを主張した。

■消費税率上げない選択肢、甘利担当相「ないと思う」
甘利明経済財政担当相は同日の会議終了後の記者会見で、消費税率を引き上げない選択肢があるかどうかを問われ、「それはないと思う」と答えた。
甘利担当相はその上で、「よほど大きな外的なショックがない限り、全く上げないという選択肢はないと思う」などと説明。専門家の意見を踏まえて、安倍晋三首相が最終判断することを強調した。

【キャリアブレイン】



選挙が終わり、予定通り大きな山がいよいよ動き始めてきました。
by kura0412 | 2013-07-31 16:24 | 医療政策全般 | Comments(0)