規制改革の議論も猛スピードで進んでいます

規制改革の実施計画を策定へ-6月にも閣議決定

健康や医療など各分野の規制改革を着実に進めるため、政府の規制改革会議は「規制改革実施計画」を策定する。
同会議が6月までに取り組むもののうち、見直しの内容や手順などをめぐり、担当省庁と合意した項目の工程表などを盛り込む。政府は6月中の閣議決定を目指す。

規制改革実施計画には、改革の狙いや内容、実施時期、担当省庁などを項目ごとに組み込み、この計画に沿って進行状況を管理する。さらに来年6月には、今年度後半から取り組む項目の第2期計画をまとめる。内閣府が改革の進ちょく状況を同会議に報告し、引き続き進行管理できるようにする。
2日には、「健康・医療ワーキング・グループ」が中間報告を取りまとめ、医療機器の規制見直し、再生医療やICT化を推進するため、これらに関連する規制の見直しを検討課題に列挙した。このうち医療機器の検討課題は、現在の認証基準の見直しや、登録認証機関による審査能力の維持・向上など。諸外国からの医療機器実用化の遅れ(デバイス・ラグ)の解消につなげることが狙いだ。
ワーキング・グループでは、正式な報告書案を月内にも取りまとめる予定で、工程表にはこの中から担当の厚生労働省と合意できたものを盛り込む。

【キャリアブレイン】



選挙前での実施計画策定ですか。予想よりかなり早いスピードで進められています。
by kura0412 | 2013-05-07 17:52 | 政治 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30