民主党から日本維新の会から出馬

元民主参院議員の土田氏、維新から出馬へ

「日本維新の会」は、30日に大阪市内で開いた党大会で、参院選静岡選挙区(改選定数2)の公認候補予定者として、元民主党参院議員の土田博和氏(63)を決定したと発表した。
同選挙区に立候補を表明したのは土田氏を含め5人となったほか、自民党県議も出馬に意欲を示しており、混戦は必至な情勢だ。

土田氏は整形外科医で、医療法人の理事長。2009年10月、参院選静岡選挙区の補欠選挙に民主党から出馬して初当選。翌10年7月の参院選では、同党から比例選で出馬したが、落選した。
土田氏は30日の党大会後、報道陣の取材に「ライフワークである医療、福祉、子育てに取り組みたい」と語った。民主から維新にくら替えした理由については「日本を変える維新の会に期待した。(有権者には)これから順次、説明する」と述べた。
同党は、全国に10ある2人区で、みんなの党と候補者を一本化する。みんなの党は県関係で、河合純一氏(37)の公認を既に内定しており、河合氏は比例選で出馬する公算が高まった。
静岡選挙区には、3選を目指す民主党現職の榛葉賀津也氏(45)、再選を目指す自民党現職の牧野京夫氏(54)のほか、共産党新人の森大介氏(44)、幸福実現党の中野雄太氏(39)の4人が、既に立候補を表明しているほか、自民党の小楠和男・県会議長(52)も出馬に意欲を示している。

【読売新聞】



歯科医師で前衆議院議員の川口浩氏も参議院比例区から日本維新の会公認で出馬します。
http://j-ishin.jp/candidate2013/
by kura0412 | 2013-04-04 16:13 | 政治 | Comments(0)