医療債で詐欺事件

<医療債詐欺>容疑で10人逮捕…3法人20億円販売か

医療法人社団「真匡(しんこう)会」(東京都新宿区)の医療機関債(医療債)を巡る詐欺事件で、大阪府警生安特捜隊が逮捕状を取った医療債販売グループのメンバーが、山梨県と埼玉県の医療法人社団の医療債も販売していたことが、捜査関係者への取材で分かった。
真匡会を含めた3法人の販売額は計約20億円に及び、府警は別の2法人分についても捜査し、より刑罰の重い組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)容疑での立件を目指す。

府警は6日午前、真匡会元理事や医療債販売会社「共同医療事務センター」(新宿区)の実質経営者の幸松秋司(こうまつ・しゅんじ)容疑者(41)ら計10人を詐欺容疑で逮捕した。首謀者とされる男1人は逃亡しているという。逮捕容疑は11年5~10月、医療機器を購入するなどと偽って医療債を販売し、大阪府の高齢者ら5人から計約4600万円を詐取したとしている。
これとは別に、同センターのメンバーらは11年10月、医療債販売会社「サンフラワー」(大阪市西区、解散)を設立し、山梨県富士吉田市の「みらい会」と埼玉県蓮田市の「心の絆」の2法人の医療債購入を高齢者らに勧めていた。「みらい会」は実体がないとみられ、「心の絆」は「当法人の名をかたった投資話で悪質な詐欺と思われる」としている。
2法人の医療債の発行要項は「年利4.0%」など、真匡会のものとほぼ同じ内容。大半が回収不能だという。サ社の設立は真匡会が医療債の発行をやめると発表した8日後だった。
府警は真匡会の医療債販売が難しくなったため、新たにサ社を設立して2法人の医療債を売り始めたとみている。
一方、同センターの実質経営者は、過去に社債販売でトラブルになった東京都内の2社にも関係しており、被害総額は100億円前後になる可能性もある。2社は「東亜エナジー」(破産)と「アフリカントラスト(現ワールド・リソースコミュニケーション)」で、09年以降、石油事業の海外展開などをうたって社債を販売し、計100億円以上を集めたとされる。
2社とも国に無届けのため金融庁から課徴金納付命令を受けたが、従っていない。

【毎日新聞】



歯科でこの医療債発行した法人があるのかないのか分かりませんが、歯科ならば金利は相当高くでないと募集が集まらないかもしれません。逆にこの種の関係で歯科医師が被害を受ける可能性もあるのかもしれません。
by kura0412 | 2013-02-06 17:14 | 歯科 | Comments(0)