経産省からも予算が

【来年度予算】ヘルスケア産業に167億円-経済産業省

経済産業省は2013年度予算案で、今年度当初予算から754億円(7.3%)増の1兆1044億円を計上した。医療・介護関連では、介護ロボットの開発・導入促進や再生医療の育成などをテーマとする「ヘルスケア産業の育成」で、今年度当初予算から61.8%増の167億円が充てられた。
「ヘルスケア産業の育成」の内訳は、IT創薬技術の向上や次世代抗体医薬などの安定生産技術の開発などを行う「個別化医療に向けた次世代医薬品創出基盤構築事業」に37億円、再生医療製品の薬事審査の迅速化を目的とした臨床研究やデータ分析を行う「再生医療等産業化促進事業」に10億円が充てられた。

■「介護ロボット」に23.9億円、厚労省でも8300万円
高齢者の自立支援や介護従事者の負担軽減を目的とした介護ロボットの開発や、現場におけるニーズ調査を行う「ロボット介護機器開発・導入促進事業」には、23.9億円が計上された。
なお、介護ロボットについては、厚生労働省老健局の関係予算案でも、「福祉用具・介護ロボットの実用化の支援」として8300万円が充てられている。

【キャリアブレイン】



これから経産省も次第に医療に係わってきます。ここに歯科界もどう関連づけるか、まさにイノベーションが必要です。
by kura0412 | 2013-01-30 12:47 | 医療政策全般 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30