厚労大臣には田村憲久氏が

田村新厚労相、医療進歩の保険範囲議論を- 就任会見、内閣の景気対策も強調

安倍第2次内閣で新たに就任した田村憲久厚生労働相は27日、就任会見に臨んだ。
増え続ける社会保障費について、「高齢化の伸びはある程度は仕方のない話だが、医療費の伸びでは、医療技術の進歩の部分が高い。そういうものをどこまで保険でみていくか議論が必要かもしれない」と述べ、医療技術の進歩に応じた保険適応範囲について、自らの問題意識を語った。同時に、「非常にセンシティブな問題でもある」として、幅広い意見を聞きながら検討していく考えを示した。

社会保障費の伸びに関しては、医療保険、介護保険が財政的に厳しくなってきているという認識を基に、「これは高齢化だけではなく、景気が低迷する中で所得が上がらない、標準報酬月額が下がっているということが保険料収入を抑えている」と指摘。「景気を良くしないことには持続可能な社会保障制度は維持できないということを痛感している」と述べた。その上で、「まずはデフレ脱却、経済再生した上での雇用の増大、所得増大はわが省でも絶対に必要な部分だ」と考えを示し、内閣としての景気対策、デフレ脱却策への意欲をアピールした。

田村厚労相は抱負として、「バランスのとれた厚生労働行政」を挙げ、具体的には「負担と給付」「世代間と世代内の負担」「政と官の立場」と3つの分野に触れた。
特に「政と官の立場」では、民主党政権時代を念頭に、「あまりに政と官が乖離し過ぎると、(厚労省のような)国民の皆さんに密着した仕事では、なかなか動かなくなる」とし、バランス感覚の重要性を強調した。
就任会見後、田村厚労相は、三井辨雄前厚労相から事務の引き継ぎを受けた。【キャリアブレイン】



厚労大臣に田村憲久氏が就任にしました。
医療関係には従事していませんが厚労畑を中心とした政策に明るい議員で、歯科に関する知識も豊富で、歯科口腔保健法成立に対しても尽力したとの話も聞いています。
果たしてその田村大臣が厚労大臣となってどう考え動くのか。
年齢が若いだけにその動きによっては大臣在任に留まらず、今後の医療行政にも大きな力を発揮するかもしれません。
by kura0412 | 2012-12-28 16:38 | 政治 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30