『社会保障制度改革国民会議:15委員発表』

政府は27日、社会保障制度改革国民会議の委員に、清家篤慶応義塾塾長ら15人を充てると発表した。
野田佳彦首相が29日に委員を任命したうえで、30日に初会合を開く。年金、医療、介護、少子化対策を中心に議論し、法律上の国民会議の設置期限である来年8月21日までに結論を出す。

岡田克也副総理は27日午前の閣議後、人選について首相官邸で記者団に「最強の布陣を念頭においた」と説明した。初会合で、委員互選で清家会長を選任する見通し。
他の委員は次の通り。
伊藤元重東京大大学院教授▽遠藤久夫学習院大教授▽大島伸一国立長寿医療研究センター総長▽大日向雅美恵泉女学園大大学院教授▽権丈(けんじょう)善一慶応大教授▽駒村康平慶応大教授▽榊原智子読売新聞社会保障部次長▽神野直彦東京大名誉教授▽永井良三自治医科大学長▽西沢和彦日本総研上席主任研究員▽増田寛也野村総研顧問▽宮武剛目白大大学院客員教授▽宮本太郎北海道大大学院教授▽山崎泰彦神奈川県立保健福祉大名誉教授。

【毎日新聞】



医療関係からも委員に選ばれました。社会保障亡国論的な極端な考え方を持っている委員はいない雰囲気ですが。
by kura0412 | 2012-11-27 17:05 | 医療政策全般 | Comments(0)