事業仕分けの最後も

蓮舫氏が涙、声震わせ「私の姿、見えますか」

霞が関では18日、行政刷新会議(議長・野田首相)が行政の無駄に切り込む「事業仕分け」の最終日を迎えた。
仕分けの結果は、復興予算や生活保護費の見直しを求める内容だ。岡田副総理は夕方の閉会式で「予算編成に今回の結果が反映されることが何よりも重要だ」と関係省庁に注文をつけた。

衆院選後は、新政権が来年度予算案の編成にあたる。岡田氏の“最後の指示”に、出席した官僚らは目を見合わせた。
会場を後にする官僚からは「どうせ、どうなるか分からないのだから、別にいいですよね」というささやき声が漏れた。
事業仕分けは2009年の政権交代直後、民主党政権への「変化」を印象づける目玉として始まった。しかし、今回、16日から3日間の期間中、一般傍聴の案内もないまま、ひっそりと幕を閉じた。
政治家が有権者による「仕分け」の対象となる衆院選まで、あと27日。民主党は、官僚のみならず世論の厳しい視線にさらされている。
党幹部と有権者が政策を語り合う「政策進捗(しんちょく)報告会」も18日、全4日間の日程を終えた。
「政策のこともありますが、一番、私が残念に思うのは、内閣と党が一体でない。党内野党の方が多すぎます。いろんなことを思いつきで言い、ガタガタしている」
金沢市で開かれた報告会に出席した79歳の男性は、丁寧な口調で、内閣と党の対立に苦言を呈した。
ところが、その直後、野田首相が交渉参加表明を目指す環太平洋経済連携協定(TPP)について質問が出ると、党石川県連代表の一川保夫参院幹事長が飛び入りでマイクを握り、「政権としてTPPにどう対応するか、まだ定めていない」と強調した。会場には、「まだ混乱が続くのか」とあきれた空気が流れた。
報告会に出席した蓮舫前行政刷新相も厳しい世論に直面した。
ある男性が「(スパコンの事業仕分けで)『2位じゃダメなんでしょうか』と聞いた時、骨がある人やなあと、感心した。だけど、いつの間にか、姿が見えなくなった」と話すと、蓮舫氏は涙を浮かべ、「すみません、私の姿、今日、見えますか? 努力していきたい」と声を震わせた。
全4日間、計11都市で開かれた報告会は空席が目立った。民主党幹部は悩みを吐露する。「語りかける相手が見当たらない」

【読売新聞】



一躍脚光を浴びた事業仕分けもこのような結果で終わりました。
財源の裏付けがないまま子育て支援を実現したといっても、マニフェストになかった消費税増税となり、民主党もちりちりバラバラになってしまいました。
結局のところ、政権交代とはいったい何だったか。言われているような壮大な社会実験だったのでしょうか。それではあまりにも失った代償が大き過ぎます。
by kura0412 | 2012-11-19 18:11 | 政治 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30