年内解散と同時に民主党は分裂か

首相、年内解散に意欲=民主は反対論噴出、TPP批判も―14日に党首討論

野田佳彦首相は13日の衆院予算委員会で、衆院解散・総選挙の時期をめぐり、8月の民主、自民、公明3党の党首会談での合意に触れ、「『近いうちに(信を問う)』と言った意味は重たいと受け止めているので、近いうちに解散するということだ」と述べ、年内解散への意欲を示した。これに対し、民主党内では解散に反対する声が相次ぎ、党内対立も激化。首相が反対論を抑え込んで解散を決断できるか焦点となる。

一方、自民党の安倍晋三総裁、公明党の山口那津男代表は14日の党首討論で、首相に解散時期を明示するよう迫る考え。22日までの解散を求め、12月16日投開票の衆院選に追い込む構えだ。
民主、自民、公明3党は13日、赤字国債発行に必要な特例公債法案の修正で合意。同法案は自公両党も賛成して今国会で成立することが確定し、首相が解散を判断するための「環境整備」が一つ進むことになった。
首相は13日の衆院予算委員会で公明党の石井啓一政調会長の質問に答え、3党の修正合意について「日本の政治にとって大きな前進と受け止めている」と評価した。

一方、民主党内では13日、解散反対論が拡大。午後の常任幹事会では解散反対の声が相次ぎ、輿石東幹事長が首相に「党の総意」として伝えることになった。
また、同党の鹿野道彦前農林水産相は約20人が出席した自らのグループの会合で、環太平洋連携協定(TPP)交渉参加への推進を次期衆院選の争点とすることに、反対する考えを表明。「解散して政治空白をつくるべきではない、と国民に説明して理解を得るのがあるべき姿勢だ」と首相を批判した。 

【時事通信】



野田首相が年内解散を決断したら、民主党は総選挙前に分裂状態になるのかもしれません。
by kura0412 | 2012-11-13 18:36 | 政治 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30