医療基本法に対する日医のスタンス

Q:医療基本法に対する日医のスタンスは?

A 今村(定):「医療基本法」は,これから作られようとしている法律ですので,その内容や名称等は論者によって違いがありますが,日医としての考え方は,昭和四十三年に公表した「医療基本法第一草案」にさかのぼります.
当時,この問題については,各政党からも対案が示されましたが,結果として法律の制定に結び付く議論には至りませんでした.
その後,いわゆる患者の権利に関する議論などの流れを受けて,ここ数年,改めて「医療基本法」に関する議論が各所で活発になってきたのはご承知のとおりです.

日医では,先の「第一草案」以降,公式な考え方を示していませんが,現時点では,会内の医事法関係検討委員会が平成二十四年三月にまとめた答申「医療基本法の制定に向けた具体的提言」に示された考え方を,大筋の方向性を示すものとして取り扱っています.
すなわち,
(1)現在の医療を取り巻く法制度には,個々に細かい法律や規則,通知などが氾濫し,それらが相互に不整合を来しているため,各所に医師と患者の信頼関係を阻害する要因が存在する
(2)国の医療政策を貫通する基本理念を定める法律が欠けていること等の理由から,医療分野における基本的な法律(いわゆる「医療基本法」)を定める必要がある─という考え方を基本としています.
ただし,上記の答申は会内の委員会が示した一つの考え方ですから,今後,会内外の意見をお聞きしながら,日医としての最終的な案を形成していく必要があると考えています.
一方で,この問題は医療提供者だけの議論ではなく,患者さんや国民など医療を受ける側の人々との深い意見交換を積み重ねながら進めていくべきと考えています.
その手始めとして,本年末の十二月二十二日には,日医会館で「医療基本法(仮称)制定に関するシンポジウム」も企画しています.会員各位はもちろん,広く患者さんや国民にも議論に参加して頂きたいと考えています.(今村定臣常任理事)

【日医NEWS】



日歯からは既に8月7日付けで「医療基本法に関する見解」が発表されています。
by kura0412 | 2012-11-01 11:51 | 医療政策全般 | Comments(0)