仙谷氏の発言が医療界全体に波紋が

日医「TPP反対は被害妄想」発言に行動- 国民世論への訴えかけ続ける

民主党の仙谷由人副代表が、政府の環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉参加に対し反対している日本医師会(日医)を、「被害妄想にとらわれている」などと発言したことをめぐり日医は、改めて国民世論に向けてTPP反対の考えを訴えていく方針を示した。
日医が28日、東京都内の日医会館で開いた臨時代議員会で明らかにした。年末に日医をはじめとした医療団体による国民集会を開催する。

この日の代議員会では、都道府県医師会の代表者らが、25日に都内で開かれた講演会での仙谷氏の発言を問題視し、改めてTPP交渉参加への日医執行部の考えと、今後の運動方針を問う声が相次いだ。
これに対して、日医の中川俊男副会長は、「日医は今年3月、情勢を分析するたびに日本の公的医療保険制度が危ういと分かり、改めてTPP交渉参加に反対を表明した。TPPは、日本の医療を営利市場として開放することを求めてくる。日医は、所得により受けられる医療に格差をもたらすTPPに明確に反対する」と強調した。
中川氏が、「日医は国民皆保険の堅持が見えないTPPには断固反対する。医療・介護はこれからの日本を支える。そのために、医療・介護の効率化の視点を入れるのではなく、十分な財源を入れること。それが医療再生、ひいては日本再生を実現すると確信している。最も大切なのは、国民に発信していくこと」と述べると、会場から拍手がわき上がった。

【キャリアブレイン】


仙谷議員の発言には政治的な裏があるかのか否かは分かりませんが、その流れによっては、医療界全体に民主党政権への対応に大きな変化を与えるかもしれません。
by kura0412 | 2012-10-29 17:05 | 政治 | Comments(0)