日本の歯科界を診る(ブログ版)


コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
by kura0412
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

『野田さんはケジメがなくなった』

野田さんはケジメがなくなった

ケジメという言葉は、なぜか片かなで書きたくなる。好みの問題かもしれないが、漢字ならどんな字になるのか、辞書を引いてみると、漢字はないらしい。
それはともかく、最近の政界をみていて、一つ感じることは、ケジメが甚だあいまいになった。ケジメをつけるべきところはつけておかないと、あとがみんなおかしくなる。ところが、つけようとしないで、割合平気に流れているのではないか。

昔の話になるが、一九八九年だから二十三年前のことだが、海部俊樹さんが首相に就いた、昭和生まれの初めての首相だった。実力でなったのではなく、時のキングメーカー、金丸信さんのご指名といわれ、みんながそんな目でみていたのだ。
当時、やはり金丸さんのご指名で小沢一郎さんが四十七歳の若さで自民党幹事長に就任し、
「担ぐ御輿は、軽くてパーなヤツが一番いい」
と漏らしたとかで、新聞のゴシップ記事にもなった。海部さんを蔑視した発言であることはいうまでもなく、誰もが知っていた話だから、いまさら紹介するまでもない。
問題はその先である。
海部さんは名誉を傷つけられながら黙っていたのか。当時は、表向きなんの動きもなかった。ところが、二〇〇九年の衆院選で落選(愛知九区)したあと出版した『政治とカネ−海部俊樹回顧録』(新潮新書・二〇一〇年刊)のなかで、海部さんなりのケジメをつけていたことがわかったのである。こう記している。
〈私に関する小沢発言のなかで、最も有名なのはこれ(「軽くてパー」発言)だろう。人づてに聞いた私は、彼に直接訊いた。
「言ったのかい?」
すると彼は、しゃあしゃあと、
「言った憶えは断じてない。記事を書いた記者を呼びつけましょう」
と凄んでみせた。
もちろん、私はそんなことはしなかったし、要は、首相と幹事長の間柄として、腹に溜めたままにしておきたくなかっただけのことだ。真相はどうでもいい。上に立つ者は、それくらいは飲み込んでしまわないといけない。……〉
小沢さんに問いただしたことをその時に公表したほうがもっとよかっただろうが、まあ、それはいい。私は読んで内心救われた気がした。海部さんは黙っていなかったのだ、と。

さて、昨今である。
一つは尖閣諸島の国有化だ。私は国有化は判断ミスだと思っている。なぜ野田佳彦首相がそんな決断をしたのか、ずっと解せなかった。
ところが、十月十二日、前原誠司国家戦略相がBS朝日の番組で、内幕を明かし、翌朝各紙の囲み記事になったので、読まれた方も多いだろう。
それによると、野田首相は国有化決定の前、石原慎太郎東京都知事と秘密会談をしたが、
「石原さんは『(中国との)戦争も辞せず』みたいな話をして、首相はあきれた。国として所有しないと、都に渡したら大変なことになると考えたのだ」
と前原さんは述べたという。
石原発言が国有化という強硬策の理由だったというのである。しかし、これもおかしな話だ。都が戦争できるはずもなく、あきれるのはいいとして、自衛隊最高指揮官の野田さんが石原発言にたじろぐことはまったくない。
そういう趣旨のことを十三日の民放テレビで私が述べたら、同席した議員が、
「前原さんの話は(野田・石原会談の)同席者からの伝聞で、正確かどうかわからない」
と言う。
そうかもしれない。それならなおさら、野田さんは国民に対して真相を述べ、ケジメをつけなければならない。国有化は日中を揺るがす大騒動に発展し、あちこちに実害が発生しているのだ。決定責任者があいまいにしたまま沈黙することは許されないと思う。

◇原発ゼロ、復興予算流用 「近いうちに」どうする?
もう一つ、消費増税をめぐる対応でも同じことが言える。
これは新聞のコラムにも書いたことだが、みんなの党の江田憲司幹事長が『財務省のマインドコントロール』(幻冬舎・三月三十日刊)という本を出し、
〈財務省にしてみれば、野田という政策も行政経験もない政治家を操ることなど、赤子の手をひねるよりたやすい。……〉
などと書いた。野田さんはパペット(操り人形)だというのである。
言いたい者には言わせておけ、ということかもしれない。しかし、学者や評論家、テレビ・コメンテーターの発言ならともかく、公党の首脳が活字でばっさり切り捨てたのだ。野田さんは反論するなり、撤回を求めるなり、きちんと対応してケジメをつけないと、国民の側は、ひょっとしてそうなのかな、と思ってしまう。
たまたま気づいたことを二つあげたが、似たようなことがあちこちに転がっているのではないか。
〈二〇三〇年代に原発稼働ゼロを目指す〉という政府方針も、方々から矛盾点を指摘されたまま漂流している。復興予算の流用問題に至っては、話にならない。いまごろになって、野田さんに、

「厳しく絞り込む」
なんて言われても、誰も信用する気になれないのだ。
なぜこんなメチャクチャなことになったのか、というもとのところから、最高責任者の野田さんは謙虚に振り返り、ケジメをつけていかなければ、政権は確実に失速する。
さらにつけ加えるなら、「近いうちに」発言だ。世間のはやり言葉になってしまった。野田さんがこれにどうケジメをつけるのか、大げさでなく全国民が注視している。
「(消費増税法が)成立した暁には、近いうちに国民に信を問う」
と民・自・公三党首で合意したのは八月八日、すでに二カ月半が過ぎている。野田さんは、
「忘れたわけではない」
と言っているそうだが、このままあいまいな態度を続ければ、〈ケジメなき首相〉という失格の烙印を押される。海部さんを見習ったほうがいい。

【岩見隆夫・サンデー時評】




このままで進むと党内外から野田降ろしがうごきだすかもしれません。
by kura0412 | 2012-10-25 11:06 | 政治 | Comments(0)
ミラーを片手に歯科医師の本音
回想

本紙閉刊に伴いこのコラムも今回で最後となります。平成10年9月から19年間、筆が進まない時もありましたが、締め切りを遅らせることもなく、また大きなトラブルもなく終えることにある意味安堵しております。ただその中で一度だけで校正まで終えながら書き直したことがありました。それはあの「日歯連事件」と称された事件が勃発した時でした。
あの時は一人の開業医でしかない私が、社会事件になるほどの大事件に対して実名で書くことに躊躇しましたが、事件に対していろいろな観点から憤りを感じ、もし問題となれば歯科医師を辞める覚悟をもって書きました。この事件によって日本の歯科界に大きな変化があったことは多くの先生方が感じられたことです。今思えばその内容は別として、あの時書き綴っておいたことが、その後連載を続けられた源になっていたかもしれません。
然るに風化しつつあるあの事件の本質は何だったのか。その手法に対しては司法判断が下った結果が示されていますが、事件の根本には、現在も続く歯科医療に対する公的評価の低さを何とか打開しようと考え方がありました。この点を誰もが分かっているのに言葉に出ていません。但し結果的には中医協委員が1名減員、事件後の懲罰的な18年度改定となり、歯科界の思いとは反対の流れを作ってしまいました。特に改定では、それまでの改定時で、技術料を引き下げながら作った僅かな財源を「かかりつけ歯科医」初再診料に振り分けながらも、「かかりつけ歯科医」を一気に消し去られたことによって、保険点数全体が縮小したと共に、時代の流れである「かかりつけ歯科医」という名称、概念をも否定されることになってしまいました。そして事件によって植え付けられた歯科界の負のイメージは現在も引きずっています。
日本の歯科界は今、大きな分岐点に差し掛かかり、新しい息吹が入る機運も高まっています。但し、この負のイメージを引きずったままでは大きな壁が存在します。あの事件は終わったのでなく、まだ背負っており、それを回顧することで歯科界の課題を改めて見出すことが必要です。
残念ながら現在、日歯、日歯連盟共に入会者、特に若い先生の入会が減少しています。事件の影響、また、入会することへの利点を見出せず、医療環境向上寄与への期待が薄らいでいるからです。個人で個々の臨床現場での対応出来ても、政策を変えるには一つの塊にでなければパワーが発揮できないだけに、この問題は歯科界発展の最大の課題です。その為には、過去の問題となった出来事を背景も含めて改めて見直し、そして新しい目標を示す。それも抽象的でなく、具体的な分かりやすい政策を提示することで歯科界の展望が分かることで推進力の働きとなります。
最後に、本コラムを続けなければ会うことの出来なかった全国の先生方と交流できたことは、私の歯科医師人生としての財産となりました。そして、好き気ままに綴ることを甘受して頂き、連載を許して頂いた歯科時報新社・吉田泰行社長に感謝を述べ終わります。ありがとうございました。
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧