非常に多いiPS細胞を使った歯科関連の研究

科研費ベースで調べても歯科領域におけるiPS関連の研究が非常に多いの驚きました。
http://kaken.nii.ac.jp/p?qb=%2FiPS%E7%B4%B0%E8%83%9E%2F&f=1

大別すると、歯牙、口腔関連の疾病に対しての応用と、歯髄や口腔粘膜細胞などを使かってiPS細胞作成の技術応用するもの二種類あるように思われます。
歯科領域も日本が発信基地になること期待します。
by kura0412 | 2012-10-12 17:55 | 歯科 | Comments(0)