野田首相は「近いうちに」を越年出来るのか

自公党首会談:年内解散要求へ 特例公債「政府側に責任」

自民党の安倍晋三総裁と公明党の山口那津男代表は5日午前、国会内で会談した。近く開かれる民主、自民、公明3党の党首会談で、野田佳彦首相が8月に表明した衆院の「近いうち解散」をテコに年内解散を迫る方針で一致した。両党は首相が早期の解散に応じない場合、厳しい姿勢で臨む構え。

会談には、自民党の石破茂幹事長、公明党の井上義久幹事長らも同席。安倍、山口両氏は今月下旬にも召集される見込みの臨時国会の対応に関しても協議。今年度の予算執行に必要な特例公債法案などは、政府・民主党側に成立させる責任があることを確認した。
山口氏は会談で、次期衆院選について「(年末に)来年度予算案の編成作業や税制改正の意思決定をするには、12月9日までに投開票を終えるのが常識的なリミットだ」と強調した。
安倍氏は会談後、記者団に「『近いうち』は当然、年内の解散だということで一致した。(特例公債法案など)主要な法案を通すために何をしないといけないか、(首相から)答えを示してほしい」と語った。
安倍氏は会談で、他の野党にも呼び掛けて来週中にも野党党首会談を開くことを提案。山口氏は了承した。早期解散に向けて野党共闘を構築し首相に圧力を強める狙いがある。
安倍氏が9月末の自民党総裁選で当選し総裁就任後、山口氏と正式に会談するのは初めてで、次期衆院選や28日投開票の衆院鹿児島3区補欠選挙での選挙協力強化も確認した。

【毎日新聞】


毎日新聞世論調査:近いうち解散、7割「守れ」 自民支持拡大、維新伸びず

毎日新聞は9月29、30両日、民主、自民両党の党首選を受けて、全国世論調査を実施した。
消費増税法を巡り、8月に野田佳彦首相と自民党の谷垣禎一前総裁が交わした「近いうちの衆院解散」の合意について、「首相は安倍晋三総裁とも約束を守るべきだ」と答えた人が71%に達し、「守る必要はない」(18%)を大きく上回った。自民党総裁に返り咲いた安倍氏に「期待する」との回答は40%にとどまり、「期待しない」の55%を下回った。

「近いうち解散」を巡り、首相は代表選前の9月18日に「参院での問責決議可決という状況変化がある」として見直しを示唆している。しかし、「近いうち解散の約束を守るべきだ」との回答は、民主支持層でも69%を占め、早期の衆院解散論が強まっている。「約束を守るべきだ」との回答は自民支持層では78%、「支持政党はない」と答えた無党派層でも69%だった。

【毎日新聞】



野田首相が考えていた「近いうち」はいつ頃だったのでしょうか。
by kura0412 | 2012-10-11 17:41 | 政治 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30