「医療界」一致ならば

日病協、診療報酬は「原則課税」で一致- 深尾議長「医療界の統一見解を」

11の病院団体でつくる日本病院団体協議会(日病協、議長=深尾立・千葉労災病院名誉院長)は28日の代表者会議で、今後の消費税増税時の対応を協議し、現在、社会保険診療に対する消費税が非課税となっている問題について、原則として課税を求める必要があるとの認識で一致した。今後、日病協の診療報酬実務者会議で意見を集約する方針。

会議終了後の記者会見で深尾議長は、「日本医師会も含め、医療界としてこうありたいというものを出していきたい」と述べ、四病院団体協議会などとも意見をすり合わせながら、医療界としての統一見解をまとめる意向を示した。
ただ、具体的な時期については、「中医協(中央社会保険医療協議会)の議論の進め方と、ある程度平行しながらやる」として明言しなかった。

【キャリアブレイン】



ここにある医療界の中に歯科も入っているかどうかは分かりませんが、先日の代議員会資料では、日歯は非課税も視野に入っているようなので、今後この議論がまさに歯科も含めた医療界して統一されるか否か、今後の議論の推移を注視したいと思います。
by kura0412 | 2012-09-29 12:12 | 医療政策全般 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30