人事を政権堅持に利用するにしても

挙党態勢は不透明…首相、離党防ぐ布陣に腐心

民主党代表選で再選された野田首相は、内閣改造・党役員人事で、党の結束を維持し、新たな離党を防ぐ布陣作りに腐心する考えだ。
しかし、党内の溝が深まる中で挙党態勢を築くことができるかどうかは不透明で、難しいかじ取りを迫られる。

「3候補を応援された皆様。(選挙戦で)私の至らない点について、厳しくご指摘をいただいた。しっかり胸に刻んで、これからの政権運営と党運営に当たっていきたい」
首相は21日の臨時党大会で再選を決めた直後のあいさつで、代表選を戦った原口一博元総務相、赤松広隆元農相、鹿野道彦前農相の支持者にこう呼びかけた。
その後の記者会見では、「当選1回生の皆さんは、これまであまり政府の中での役割はお願いしたことがない」と述べ、当選1回衆院議員を内閣改造で政務官などに起用する考えを示唆した。首相の対立陣営に加わった議員や、政権運営に不満をくすぶらせている若手らを「チーム力の強化」の名目で政権内に取り込み、党内融和に努める狙いがあるとみられる。

こうした首相の発言に、赤松氏は「挙党態勢でやってもらえるとありがたい」と期待感を示した。赤松氏の陣営は、党や政府の役職への起用を求める「推薦リスト」を提出する案も検討しているという。鹿野氏も、「限られた人たちだけで物事を決めていくということは好ましくないと訴えてきた。幅広く有為な人材の登用が大切だ」として、人事を注視する構えだ。
一方、離党を視野に入れ、代表選で原口氏を支持した議員には「野田首相が、どこまで党を変えるつもりがあるのかを見て、離党を判断する」との声もある。代表選を通じ、消費増税や原子力発電所の再稼働を含めたエネルギー政策などで、首相と「反野田」陣営の溝の深さが浮き彫りになっており、対立3候補を推した議員が満足するような挙党態勢の構築は容易ではない。

【読売新聞】



人事を政権堅持に利用することは常ですが、ここまで露骨なのはあまり覚えがありません。
by kura0412 | 2012-09-24 17:11 | 政治 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30