新党に参加して顔ぶれみても

維新新党合流へ、7議員離党「既成政党に限界」

民主党の松野頼久元官房副長官(衆院熊本1区)ら民主、自民、みんなの党の3党の衆参7議員は11日、地域政党・大阪維新の会(代表・橋下徹大阪市長)が結成する新党「日本維新の会」に参加するため、それぞれの所属政党に離党届を提出した。

7人は離党届提出後に国会内で記者会見した。
松野氏は、「既成政党に限界を感じた。しがらみのない新しいステージの中で国民の期待に応えていく政治を行いたい。これからもっと同調する仲間も参入してくるだろう」と語った。
離党届を提出したのは、民主党の松野氏、石関貴史衆院議員(群馬2区)、水戸将史参院議員(神奈川選挙区)、自民党の松浪健太衆院議員(比例近畿)、みんなの党の小熊慎司、上野宏史、桜内文城各参院議員(いずれも比例)。
松野氏らは12日に大阪市で維新が開く政治資金パーティーに出席し、橋下氏らとともに新党の結成を正式に宣言する予定だ。

【読売新聞】



いよいよ維新の会の国政へ向けて始動しました。
ただ、失礼ながら今回の現職議員の顔ぶれみて、魅力的に感じられるような議員はいません。
維新の会の顔である橋下大阪市長が国政へ転身しないと明言しているだけに、果たして、どうれだけのブームが起きるのか。今後の全国の立候補者の顔ぶれに興味津々です。
by kura0412 | 2012-09-12 14:29 | 政治 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30