医学部新設せず

当面の医師不足解消に「医学部新設ない」- 平野文科相

平野博文・文部科学相は11日の閣議後の記者会見で、地域偏在による当面の医師不足解消策について、医学部を新設せず、育児などで現場を離れている女性医師を復職させたり、医学生の教育体制が整っている大学医学部などの定員を増やしたりすることで対処する考えを示した。

平野文科相は、医学部の新設に賛否両方の声が上がっていることを指摘。
当面の医師不足解消のため、「むやみな定員拡大は、質の問題を含めて慎重にしなければならない」とした上で、「それぞれの大学における設備、教授陣等々の内容が、可能なキャパシティーの所。ならびに、地域における偏在を解消できるという所については、定員枠を広げて対処する」と述べた。また、医療現場で働いていない医師の復職を促すため、医師の働きやすい環境づくりも併せて行うとした。
同省が前日、厚労省と合同で取りまとめた「地域の医師確保対策2012」では、現行の1校125人の定員上限を超える定員増を、十分な教育環境が整っている大学には来年度から認めたり、出産や育児で離職している女性医師などの復職支援のための取り組みを、より充実させたりする方針を盛り込んだ。医学部新設やメディカルスクール創設については、今後の社会保障全体の在り方の検討状況や、これまでの医学部定員増の効果の検証結果などを踏まえ、引き続き検討することとした。

【キャリアブレイン】



大きな政治的な判断です。
この発言で政府の医師不足問題の一応の方向性が出たことになります。
果たしてこの結果で、医学部と歯学部がある大学の入学定員にどう影響を及ぼしますか。
by kura0412 | 2012-09-11 16:00 | 医療政策全般 | Comments(0)