どんな裁判の結果が下るのでしょうか

本家かまどや社長、歯科医を提訴…「試食困難」

弁当チェーン大手「本家かまどや」(本社・神戸市)の創業者の男性社長(68)が、インプラント(人工歯根)手術の後に人工歯が抜け落ち、新メニューの試食業務に支障をきたしたなどとして、施術した神戸市内の歯科医院の男性院長(61)を相手取り、慰謝料など計1360万円の損害賠償を求める訴訟を神戸地裁に起こした。提訴は8月18日付。

訴状によると、社長は2001年、左奥歯2本のインプラント手術を受けたが、翌年、1本が抜け、再度治療したものの、今年3月に再び抜け落ちた。
現在、硬い食べ物は右側でしかかめず、「メニュー開発に必要な試食や、試食に基づく適切な判断が困難になった」「そしゃくに時間がかかって執務時間も圧迫された」などと主張。「社にも損害が生じ、精神的な苦痛を受けた」として、慰謝料600万円、支払った治療費485万円などを求めている。

【読売新聞】



詳しい内容は分かりませんが、治療費も高額な10年前のオペの結果での裁判です。
何でも食べれるとでも説明したのか、インフォームドコンセントがポイントになるのだと思いますが大変な時代です。裁判の結果によっては、今後の診療全体にも影響を及ぼすかもしれません。
by kura0412 | 2012-09-08 11:01 | 歯科 | Comments(0)