「認知症施策推進5か年計画(オレンジプラン)」

認知症疾患医療センター、500か所体制へ- 厚労省、施策推進5か年計画策定

認知症高齢者が300万人を超える現状を踏まえ、厚生労働省は来年度を初年度とする「認知症施策推進5か年計画(オレンジプラン)」を策定した。認知症の早期の診断や対応の充実、ケアの質の向上などに向け、認知症疾患医療センターの整備や初期集中支援チームのモデル事業化、薬物治療のガイドライン策定などを行う。

認知症疾患医療センターは現在、「基幹型」が8機関、「地域型」が165機関の計173機関あり、専門的な医療ケアを担っている。計画では「身近型」を新設し、2次医療圏に1か所以上を目安に、5年後には合計500か所の設置を目指す。適切な診断や投薬を促進し、かかりつけ医らとの連携体制を築きたい考えだ。

■チームでの初期対応をモデル化
認知症初期集中支援チームのモデル事業にも着手する。
看護師、作業療法士ら専門職がチームをつくり、地域包括支援センターを拠点に患者の家庭訪問を行う。認知症の説明や生活上のアドバイス、初期のケアを施す。来年度は10か所程度の自治体を募る。英国で成果を上げている方法だという。
認知症の進行状況に合わせたサービス提供の流れを地域ごとにつくる「認知症ケアパス」にも取り組む。いずれも、6月に厚労省がまとめた「今後の認知症施策の方向性について」を基に事業化する。
同計画策定の背景には、2002年からの10年で倍増した認知症高齢者に対し、サポート基盤が不十分な現状がある。厚労省によると、08年の時点で認知症高齢者のうち精神科病院に入院する高齢者は約5万人だったが、17年に約7万人となる見通し。今回の5か年計画の実施により2万人を抑制し、17年に5万人程度となるよう取り組みたいという。
計画ではこのほか、若年性認知症支援のハンドブックの作成や、医療、介護双方の分野で蓄積されたケアの技術をモデル化する「認知症ライフサポートモデル」の策定などが明記された。

【キャリアブレイン】



この計画に介護保険認定審査には係わっている歯科医師が絡むことは難しいのでしょうか。
by kura0412 | 2012-09-07 10:40 | 医療政策全般 | Comments(0)