更に多くの課題が出てきそうです

インプラント手術で死亡 歯科医無罪主張

東京都中央区の歯科医院で2007年、顎の骨に歯根を埋めて義歯を付けるインプラント手術で女性(当時70)を死亡させたとして、業務上過失致死罪に問われた歯科医師〇〇〇〇被告(68)は3日、東京地裁(吉村典晃裁判長)の初公判で「断じて過失はない」と無罪を主張した。

検察側は冒頭陳述で、歯根が固定できなかったためドリルを深く挿入し、下顎の動脈を傷つけたと指摘した。
弁護側も冒頭陳述を行い、女性の動脈は当時の医療水準で把握できない位置にあったと反論。被告は同じ方法で多くの手術を成功させており「事故は予測不可能だった」と主張した。
起訴状によると、被告は07年5月22日、女性の下顎の骨をドリルで削った際、誤って動脈を傷つけて大量出血させ、翌日に窒息による低酸素脳症などで死亡させたとしている。

【共同通信】



歯科用CTが普及始めた現在だとどんな論争になるのでしょうか。
いずれにせよリスクの多いインプラントは、このようなケースに限らず、今後更に色々な課題を投げかけそうです。
by kura0412 | 2012-09-04 17:33 | 歯科 | Comments(0)