野田首相が決断するしか

増税法案「一日も早く成立」=首相、不信任案否決に全力

野田佳彦首相は3日、首相官邸で内閣記者会のインタビューに応じ、自民、公明両党が消費増税関連法案の参院での早期採決を求めていることに関し、「一日も早く成立させたい。お互いが折り合うことが必要だ」と述べ、民主党としても野党に一定の譲歩が必要だとの認識を示した。
新党「国民の生活が第一」など野党7党が消費増税法案の成立阻止を目指し、内閣不信任決議案の提出で一致したことについては「出された暁には否決されるよう全力を尽くす」と強調した。
衆院解散の時期については「明示的なことを申し上げることは全くない。寝言でも言うつもりはない」と語った。 

【時事通信】



ここまでくると野田首相は、お盆休み前後での一体化法案の採決に踏みきる覚悟を決めなければいけないようです。
by kura0412 | 2012-08-03 18:21 | 政治 | Comments(0)