野田首相はサンドイッチ攻撃に

民主の亀裂拡大狙う=週明け国会、野田首相を追及へ―自民

週明けの国会は、消費増税関連法案を審議している参院を舞台に、野田佳彦首相と野党の論戦が行われる。
小沢一郎氏らの新党結成に伴う民主党分裂後も同党内で離党の動きが続いていることから、自民党は、民主党内を制御できない首相を追及し、さらなる亀裂を誘発したい考え。首相は自民、公明両党と、民主党内の「離党予備軍」の双方に配慮せざるを得ず、苦しい答弁を強いられそうだ。
与野党は24日に参院予算委員会で、25、27両日は参院社会保障と税の一体改革特別委員会で、それぞれ集中審議を実施する日程で合意している。いずれも首相が出席する。

自民党は、消費増税法案の衆院採決で反対した鳩山由紀夫元首相らが民主党に残り、参院での法案再修正を主張していることなどを批判。政権の対応次第では参院採決で反対に回る選択肢もちらつかせている。
18日の特別委では首相から、2月に閣議決定した一体改革大綱に盛り込まれた後期高齢者医療制度廃止法案の今国会提出を断念する答弁を引き出した。今後の質疑でも、2009年衆院選マニフェスト(政権公約)の「破綻」を印象付けていく戦略だ。 

【時事通信】



解散なしで現状のまま推移すれば、9月では野田首相は代表の地位はそのまま、そして谷垣総裁は交代です。自民党の攻撃も激しくなってきます。
野田首相は、党内野党と自公からのサンドイッチ攻撃を受けてきます。果たして耐えられるか。
by kura0412 | 2012-07-21 16:09 | 政治 | Comments(0)