何を軸にして政界再編か

政界再編必至

昨晩は政界のキーマンと言われる方三名と食事をしながら、今後の政界のあり方を協議した。
といっても、小生はほとんど聞き役に徹した。

次の総選挙の結果、どこも過半数を取れず、それによって政界の再編が進むこと。
その組み合わせ。また、解散のタイミング。
ベテランと言われる人は、普段口には出さずともさすがにあちらこちらからの情報を収集しているものだと感心した。
そして、今後の政党のあり方は「旗と人」だとの結論に至った。つまり、まずは政治理念であり、政策。そして、政策。
さらに、そこに集う人々のフィーリング、すなわち相性。

今までの出ては消えてきた新党はすべて内紛であった。
そして今、自民党が今なぜ支持率が伸びないのか?
政治理念と政策はまとまっているとしても、改革へのエンジンが止まっていやしないか?
真のリーダーが誰なのか?
答えを出すのに残された時間は少ない。

【菅原一秀衆議院議員ブログ】



やはり政界再編は必至のようです。
何を基軸にして再編するのか。そこが重要です。
by kura0412 | 2012-07-19 10:58 | 政治 | Comments(0)