医師の専門医認定第三者機関設立へ厚労省方針

専門医認定の第三者機関、来年度にも設立- 厚労省方針

厚生労働省は6日、学会ごとに運営している現行の専門医制度に代わる新制度を運営する第三者機関の、2013年度設立を目指す方針を明らかにした。
14年度に初期臨床研修2年目の医師を対象に研修希望者の募集を始め、15年度から研修を開始。3年間の研修を経て、18年度に第1期の認定を行う予定だ。

専門医認定の見直しを検討している同省の「専門医の在り方に関する検討会」(座長=高久史麿・日本医学会長)で、こうしたスケジュールと、新制度の案を示した。
この中で厚労省は、現行制度をめぐる課題として、▽研修内容の質が一定していない▽各病院が、研修医の受け入れ定員を設定していない▽研修中の医師の人数、地域分布を把握していない―などを挙げた。
これを踏まえ、新制度では、▽経験すべき症例数を設定する▽研修プログラムをあらかじめ用意して、複数の医療機関(教育病院群)で研修を行う―などにより、専門医の質を担保する。また、教育病院群の症例数や指導医数に応じて、研修プログラムごとに定員を設定する。
さらに、各病院の受け入れ状況を踏まえて、各診療科の専門医の養成数を管理・調整したり、教育病院群を、基幹病院と地域の協力病院で構成し、一定期間は地域の協力病院で研修を受けるようにしたりすることで、専門医の地域間・診療科間の偏在是正にも役立てたい考えだ。
厚労省では、8月に開かれる次回検討会でまとめる中間報告までに合意が得られなくても、参考資料としてこれらの案を添付する方針だ。

【キャリアブレイン】



今回は医師を対象としての専門医の検討ですが、歯科医師も追ってこの手法で進むことが考えられます。
by kura0412 | 2012-07-09 12:59 | 医療政策全般 | Comments(0)