52名の離党となりました

<民主分裂>小沢元代表ら52人、離党届…否定の議員も

民主党の小沢一郎元代表ら52人(衆院40人、参院12人)の離党届が2日昼過ぎ、提出された。
元代表は同日午前、輿石東幹事長に離党する意向を伝え、52人の離党届は国会内の党幹事長室に山岡賢次副代表と広野允士参院議員が持参した。消費増税法案をめぐる民主党内の混乱は、与党第1党の分裂に発展した。
民主党は衆院の単独過半数を維持しているが、党内には小沢グループの残留組や鳩山由紀夫元首相ら消費増税反対派をなお抱えており、野田佳彦首相は厳しい政権運営を迫られる。

小沢グループ内には離党に慎重な議員も多く、集団離党の回避策を探る動きもギリギリまで続いたが、党内最大勢力の小沢グループ約100人も分裂する形になった。
小沢元代表は近く新党を結成する方針とみられ、山岡氏は離党届の提出後、記者団に「今後のことは小沢先生が記者会見して説明する」と語った。
離党に慎重だった階猛、辻恵両衆院議員や山田正彦元農相は2日午前、相次いで国会内に輿石氏を訪ね、山田氏は「(消費増税法案の)参院での採決を待ってから判断したい」と伝えた。小沢元代表は消費増税法案の衆院採決で造反したグループ議員から事前に離党届を集めており、52人の中から離党意思を否定する議員も相次いだ。階氏は同日昼のTBS番組で「現時点で党を離れるつもりはない」と明言。辻氏も記者団に「私は今、そういう思いではない」と語るなどグループ内の混乱も続いている。

野田首相は同日夕の党役員会に出席し、消費増税法案の衆院採決で反対した元代表ら57人と欠席・棄権した15人の処分方針を示す予定だ。
民主党執行部は昨年末に新党きづなを結成した9人の離党届を受理せず除籍(除名)処分としており、今回も同様の対応を検討する方向。元代表に同調しなかった造反者の処分は軽くし、離党者の拡大を抑えたい考えとみられる。

民主党にとっては96年結党の旧民主党時代も含め初めての大きな分裂。09年衆院選の大勝で得た308議席を3年間で約60議席も減らしたことになる。
民主党の現在の衆院会派は289人、参院会派は104人。国民新党と合わせた与党としては293議席を保有しており、離党者は野田政権を少数与党に転落させる55人には届かなかった。新党きづなの9人と合わせれば衆院に内閣不信任決議案を提出できる42人にも達していない。
野党が多数を占める参院はすでに少数与党の状態にあり、輿石氏ら民主党執行部は自民党を下回る「第2会派」に転落する19人以上の離党を懸念していたが、今回の離党者はこれにも届かなかった。

◇離党届を提出した民主党の衆参の52議員(カッコ内は選挙区、丸数字は当選回数)
▽衆院(40人)
小沢 一郎(岩手4)(14)
山岡 賢次(栃木4)(5)
東  祥三(東京15)(5)
牧  義夫(愛知4)(4)
小宮山泰子(埼玉7)(3)
樋高 剛(神奈川18)(3)
鈴木 克昌(愛知14)(3)
横山 北斗(青森1)(2)
階   猛(岩手1)(2)
太田 和美(福島2)(2)
松崎 哲久(埼玉10)(2)
岡島 一正(千葉3)(2)
青木  愛(東京12)(2)
辻   恵(大阪17)(2)
古賀 敬章(福岡4)(2)
畑  浩治(岩手2)(1)
京野 公子(秋田3)(1)
石原洋三郎(福島1)(1)
黒田  雄(千葉2)(1)
木村 剛司(東京14)(1)
岡本英子(神奈川3)(1)
萩原  仁(大阪2)(1)
村上 史好(大阪6)(1)
大谷  啓(大阪15)(1)
福嶋健一郎(熊本2)(1)
玉城デニー(沖縄3)(1)
瑞慶覧長敏(沖縄4)(1)
中野渡詔子(東 北)(1)
高松 和夫(東 北)(1)
菊池長右エ門(東北)(1)
三宅 雪子(北関東)(1)
石井  章(北関東)(1)
金子 健一(南関東)(1)
水野 智彦(南関東)(1)
相原 史乃(南関東)(1)
川島智太郎(東 京)(1)
笠原多見子(東 海)(1)
大山 昌宏(東 海)(1)
熊谷 貞俊(近 畿)(1)
菅川  洋(中 国)(1)

▽参院(12人)
主浜  了(岩手)(2)
森 ゆうこ(新潟)(2)
広野 允士(比例)(2)
平山 幸司(青森)(1)
中村 哲治(奈良)(1)
姫井由美子(岡山)(1)
佐藤 公治(広島)(1)
友近 聡朗(愛媛)(1)
外山  斎(宮崎)(1)
藤原 良信(比例)(1)
はたともこ(比例)(1)
谷  亮子(比例)(1)

【毎日新聞】



今はこの勢力がありますが、来年の選挙を経てどの位維持できるのか。それによって小沢元代表の政治力が決まります。
by kura0412 | 2012-07-02 14:36 | 政治 | Comments(0)