落としどころの妙案は

社会保障自民対案に首相柔軟姿勢 「民主党の主張盛り込み合意を」 執行部に指示

野田佳彦首相は13日午前の参院予算委員会で、社会保障・税一体改革関連法案をめぐる修正協議で、自民党が求めている同党の社会保障制度改革基本法案の受け入れに関し「(関連法案の)成立を期すための大きな提案と受け止めている。可能性を含め子細に検討している」と述べ、柔軟に対応する考えを示した。

これを受け、輿石東幹事長や前原誠司政調会長ら民主党幹部が、自民党案に対する対応を協議した。樽床伸二幹事長代行は記者団に「全面的にのむことはない」、城島光力国対委員長は「丸のみは賛成できない」と述べた。
ただ、首相は会期末の21日までの法案採決に向け、修正合意を急いでおり、13日昼に開いた政府・民主三役会議で「(自民党の)基本法案に民主党の主張を取り込んで、15日までに修正合意し、まとめてほしい」と指示した。首相は「丸のみだったら私も反対する」とも語った。

これに関連し、自民党の石原伸晃、公明党の井上義久両幹事長ら両党幹部が13日午前に会談し、15日までに修正合意に至らなかった場合は協議を打ち切る方針で一致した。民主党内で修正に対する異論が噴出していることを牽制し、譲歩を迫るのが狙いだ。
会談では「21日までに採決しないのなら参院での問責決議案や内閣不信任案の提出になる」との意見も出た。
一方、民主党の輿石氏は13日、石原、井上両氏らに衆院選挙制度改革に関する幹事長会談の14日開催を呼びかけた。

【産経新聞】



修正案丸呑みでなく、かつ社会保障改革を後まわしにして増税先行とならないような妙案にはどんな形があるのでしょうか。知恵比べの様相となってきました。
by kura0412 | 2012-06-13 17:22 | 政治 | Comments(0)