歩み寄りが進みそうです

最低保障年金に棚上げ案、与野党協議会で集約へ

民主党は9日、社会保障・税一体改革関連法案に関する自民、公明両党との修正協議で、最低保障年金創設と後期高齢者医療制度廃止の扱いを与野党の協議会にゆだねる案を提示する方針を固めた。
自民党が求める最低保障年金などの撤回には応じないものの、協議会に“棚上げ”することで、自民党との接点を探る狙いがある。
また、保育所と幼稚園を一体化する「総合こども園」創設にこだわらず、自公両党が求める「認定こども園」の拡充を中心に修正協議を進める方針だ。

民主党の前原政調会長、修正協議で社会保障を担当する細川律夫前厚生労働相と長妻昭元厚労相は9日、小宮山厚労相と会談し、自民党の「社会保障制度改革基本法案」(仮称)に対する民主党の考え方を整理した。基本法案は、民主党が2009年衆院選政権公約(マニフェスト)で掲げた最低保障年金創設、後期高齢者医療制度の廃止について、事実上、撤回を求めるとともに、将来の社会保障政策のあり方を、有識者で構成する国民会議で審議することを定めている。
前原氏らは9日の会談で、公約の撤回を拒むことを確認するとともに、各党の協議会を作り、民主、自民両党などが改革案を持ち寄って、意見集約する案を提示していくことで一致した。協議会で扱うのは、最低保障年金を含む新年金制度と後期高齢者医療制度に絞りたい考えだ。

【読売新聞】



民自双方が歩み寄りをみせています。となると残るはやはり党内調整です。
by kura0412 | 2012-06-10 12:50 | 政治 | Comments(0)