輿石幹事長が動かないので

どうにも怪しい輿石氏の本気度 修正協議、漂う行き詰まり感 

消費税増税関連法案を今国会会期末(21日)までに衆院採決するという野田佳彦首相の決意は、民主党の輿(こし)石(いし)東(あずま)幹事長に届いていないようだ。
輿石氏は5日に行われた民主、自民、公明3党の幹事長会談で、21日までの採決確約を拒否したため、自公両党は反発した。首相は一気に打開を図りたい考えだったが、民主党幹部が会期内の採決に否定的な考えを表明したことで自公両党が態度を硬化させるのは確実。首相は内閣改造をしたにもかかわらず視界不良の状態に変わりはない。

「ちょうど輿石幹事長から電話が入った。多分、修正協議の報告だろう。今日からでもやりましょうと提案をする。多分実ったと思います」
5日に都内で行われた日本経団連の定時総会。首相は携帯電話が入っていると思われる胸ポケットを指し、笑みまで浮かべながらそう語った。
だが、その淡い期待は輿石氏によって見事なまでに打ち砕かれた。

石原伸晃自民党幹事長「首相は21日までの衆院採決といっている。そこまでに採決するなら修正協議に応じる」
輿石氏「修正協議で与野党合意することが採決の前提だ。今から日にちは決められない」
輿石氏はかたくなに自民党が要求している採決日時の提示を拒んだ。
公明党の井上義久幹事長が「合意の見通しがなければ採決しないのか」と畳みかけても、「否決されることが分かっている状態で採決はできない」と一歩も引くことはなかった。

首相と逆の道を行く輿石氏に怒り心頭の石原氏。
「(修正協議を)来年まで延ばす気か」と語っても、輿石氏は「常識の範囲内でやる」とはぐらかすだけ。何としても採決を先送りする。そんな輿石氏の狙いは微動だにしない。
輿石氏が首相の指示を無視してまで強気を貫けるのは、民主党内に修正協議への強い異論があるからにほかならない。
自民党が求める最低保障年金制度や後期高齢者医療制度廃止の撤回は、民主党マニフェスト(政権公約)の撤回に直結するため拒否反応が強い。
内閣支持率が低迷していることも輿石氏を強気にさせているに違いない。渋々、与野党折衝に臨んでいるだけで、むしろ「採決は無理」との環境作りに走っているようにも映る。

「修正協議をやったら党に持ち帰るべきだ!」
5日の民主党参院常任役員会で出席者の一人がそう注文を付けると、輿石氏は「そこが焦点だ」と応じた。どうやら与野党で修正合意した後に、再び党議にかけることも視野に入れているようだ。
輿石氏は「消費税増税部分だけ取り出して成立させ、残りは自民党の『社会保障制度改革国民会議』で議論するというのでは、党内の賛成派も反対派に回る」とも言ってのけ、自民党が修正協議の「救命ボート」として提唱した「国民会議」の存在も認めようとしなかった。

首相は改造で心機一転出直そうとしているが、そこに立ちはだかる輿石氏の壁はあまりにも高い。

【産経新聞】



首相、修正協議へ調整指示…自民は谷垣氏に一任

野田首相は6日昼、首相官邸で民主党の城島光力(こうりき)国会対策委員長と会談し、消費税率引き上げを柱とする社会保障・税一体改革関連法案について、「一日も早く修正協議に入れるように努力してほしい」と述べ、自民党などとの調整を加速するよう指示した。

民主党の輿石幹事長は6日夕、5日に続いて自民、公明両党の幹事長と会談し、修正協議入りを改めて要請する。
一方、自民党は6日午前、臨時の党役員会を開き、谷垣総裁に当面の対応を一任した。
自民党の石原幹事長は役員会後の記者会見で、「民主党執行部の言動を見ると、まとめようとしているのか、採決をしないようにしているのか、分からない」と述べた。同法案の衆院採決をいつ行うかについて輿石氏が明確に示すことが必要だとの考えを重ねて示したものだ。

【読売新聞】




輿石幹事長が積極的に動かないので、城島国対委員長に修正協議を委ねるのかかもしれません。成立に向けて野田首相の本気モードが日に日に強くなっています。
by kura0412 | 2012-06-06 14:22 | 政治 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30