解散総選挙難しい世論調査の結果

内閣支持23%=民主9%、最低に

時事通信社が10~13日実施した5月の世論調査によると、野田内閣の支持率は発足後最低だった前月から1.6ポイント増加し、23.3%となった。不支持率は同0.7ポイント減の55.0%。
一方、民主党の支持率は同0.5ポイント減の9.0%に落ち込み、2009年の政権交代後、最低を記録した。小沢一郎元代表の党員資格停止処分解除を控訴前に決定したことなどが響いたとみられる。
政権への支持が広がらない状況に変わりはなく、野田佳彦首相が政治生命を懸ける消費増税関連法案の行方や、衆院解散時期をめぐる首相の判断に影響を与えそうだ。
調査は全国の成人男女2000人を対象に、個別面接方式で実施。有効回収率は65.8%。 

【時事通信】



世論調査の調査方法で数値は変動しますが、どこの調査であっても支持率が上がる要素はありません。
この結果は野田首相が解散総選挙に討って出ることは難しい状況です。
by kura0412 | 2012-05-17 16:25 | 政治 | Comments(0)