『二者択一を迫られる野田総理』

二者択一を迫られる野田総理

昨日の為公会例会で麻生会長から以下の発言がありました。
「先程、東京地裁において、政治資金規正法違反で起訴されていた、小沢一郎・民主党元代表に対して、無罪判決が言い渡された。立法府に身を置く我々としては、司法の判断についてコメントすべきではないと思っている。ただ、この裁判の政治的な位置付けについては、私なりの考えを申し述べておきたい。少なくとも、この一連の話で、約3年、政治の停滞、不信を招いたのは避けがたい事実だ。そもそも小沢氏は、民主党と自由党との合併を主導した立場とはいえ、目下、党員資格停止中であり、その一議員の裁判に、内閣総理大臣や民主党全体が振り回されたのはおかしい。」
「“表の施行部”でなく“裏の権力者”の影響力が大きいのは、それこそ民主党が批判していた古い政治そのもので、まさにそれが今の民主党だ。ましてや今の『一体改革』は、国民に負担をお願いするものであり、(それに影響が出ることはあってはならず、)これは民主党全体の問題だ。」
「今回、小沢氏に無罪判決が言い渡されたが、自らの資金管理団体の土地取引を巡り、自らの秘書3人が有罪判決を受けており、『私は関係ない』ということが国民に通る話なのか。この点に関しては、国会で堂々と説明責任を果たされるべきだ。挙証責任は小沢氏と民主党にある。」
「社会保障と税の一体改革については、自民党側の理事・委員も決まっているので、早々に審議に入ってもらいたい。その審議に一日も早く入れるよう状況を整える責任は、かかって政権与党にある。」
「1月に始まった今国会だが、民主党政権は、消費増税を含む『一体改革』、普天間基地移設、TPP、選挙制度改革、何一つ結論を得ていない。これはスケジュール感がないという話ではなく、全く(政権を担う)能力がないと思わざるを得ない。」

野田総理に「内なる敵」と「外の敵」の二つの敵と戦える力があるとは思えません。
「小沢氏と組むのか?野党に協力を求めるのか?」の二者択一を迫られています。

【塚田一郎参議院議員ブログ】



脱小沢と明確にすれば自民党も消費税増税一点では、野田政権と手を組む可能性もあるようです。
そして、野田首相の消費税増税を成し遂げる本気度がこの選択で示されるかもしれません。
Commented by 村石太ガール&バッカヤローマン at 2012-04-29 22:38 x
懸念という意味は心配 不安という意味ですね。心配ないのですね。小沢さんは 無罪となる。
この場合も 指揮権発動が 適用できたのだろうか?
長い時間において 信用を なくしていた。
次期 総理と噂された 小沢さん お金を たくさん 持っているナァ。政治家が活動維持していくのに いくら必要なのかなぁ?
政治献金というのは 募金かなぁ?
消費税増税反対の小沢さん この件は どうなるのだろうか?
もし これで 小沢陣営が 動いて 消費税増税阻止できたら、野球でたとえるなら
9回裏 ツーアウト 満塁逆転ホームラン みたいな感じかなぁ。優勝争いのミラクル~
ちなみに 小沢さんは イチローです(笑い)
帰ってきた小沢幹事長VS野田総理 5・8~
政治研究会(名前検討中
by kura0412 | 2012-04-27 16:55 | 政治 | Comments(1)